いつまでも現役でいてほしい「現在アラサーの女性アイドル」ランキング! 2位 百田夏菜子、1位は?

All About編集部は、全国412人を対象に「長年活躍し続ける現役アイドル」に関するアンケート調査を実施。本記事では、いつまでも現役でいてほしいアラサー女性アイドルの人気ランキングを発表します。(サムネイル画像:百田夏菜子さん公式Instagram(@kanakomomota_official)より)

10代の頃から活躍を見てきたアイドルの年齢を今改めて聞くと、「もうそんなに成長していたの!」と時の流れに驚くこともあるでしょう。アラサーとなった今でも現役で、新たな魅力を発揮し続けるアイドルがたくさんいます。中でも、いつまでも現役でいてほしい、アイドル姿を見ていたいと支持を集めるアイドルは誰なのでしょうか。

All About編集部は5月18日~6月21日、全国10~60代の412人を対象に「長年活躍し続ける現役アイドル」に関するアンケート調査を実施。本記事では、「いつまでも現役でいてほしい、アイドル姿を見ていたいと思うアラサーの現役女性アイドル」について聞いた人気ランキングを発表します。※調査時点で25~34歳であった、現役でアイドル活動をするタレントを選定

>15位までのランキング結果
 

第3位:柏木由紀(AKB48)(31歳)68票


3位に入ったのは、AKB48の柏木由紀さん。

2007年デビューの3期生としてグループに加入した柏木さんは、同年代の初期メンバーや同期たちが卒業した現在もアイドル活動を継続。“ゆきりん”の愛称で親しまれています。30歳の誕生日には9年ぶりとなる写真集『Experience』(集英社)を発売。現在はコスメブランド「upink」のプロデュースも手掛けています。

アンケート回答者からは、「ゆきりんには一生アイドルでいてほしい(30代女性)」「30歳を過ぎてもなおアイドルを貫き、心の強さに惹かれ、そのままおばあちゃんになるまで応援したいです(30代女性)」「ここまで来たら、これからも頑張って欲しいと素直に思う事が出来る方なので(50代女性)」などの声が上がりました。
 

第2位:百田夏菜子(ももいろクローバーZ)(28歳)72票


2位にランクインしたのは、ももいろクローバーZの百田夏菜子さんです。結成時は全員が中高生で、平日は学業があることから、土日を中心にアイドル活動をする「週末ヒロイン」として活動していた“ももクロ”ですが、今や全員が30代目前。2008年に結成され、2010年の『行くぜっ!怪盗少女』でメジャーデビューしました。

百田さんはグループのリーダーを務め、2016年にNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演すると、2022年には『僕の大好きな妻!』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演を飾りました。

回答者からは、「永遠のアイドル的な存在だからです(20代女性)」「いくら年を重ねても雰囲気がかわらなさそうだから(30代男性)」「ももクロはライフステージが変化してもアイドルとしてファンを元気づけてくれそうだから(40代女性)」「できるだけ長く頑張ってアイドルの歴史を塗り替えてほしい期待がある(40代男性)」といった理由が寄せられました。
 

第1位:Perfume(34歳)117票


今回の1位に輝いたのはPerfumeでした。※3人等しく117票集まったため、グループでまとめて1位として紹介

あ~ちゃん、かしゆか、のっちからなるテクノポップユニットで、2005年のメジャーデビュー当時は高校生でした。2007年にリリースした『ポリリズム』がブレークして人気を集め、その後も『チョコレイト・ディスコ』『レーザービーム』などのヒット作を生み出し、国内外で精力的にライブ活動も実施。

メンバー全員が34歳となった今でも進化し続け、新曲『Moon』は7月スタートの新ドラマ『ばらかもん』(フジテレビ系)の主題歌にも採用されています。回答者からは、以下のようなコメントが集まりました。

「パフュームの三人は今でもずっと変わらないのでこれからも変わらずいてほしいと思います(20代女性)」

「昔から見てきたし、同世代なのでこれからも見ていたいです(30代女性)」

「素敵に歳を重ねながらその年代に見合ったダンスを踊り続けてほしいから(40代女性)」

「いつまでもキレキレでキラキラなステージを届けて欲しい(50代女性)」

「Perfumeは歌もダンスやそれらを含めたパフォーマンスも好きなので、今後も継続して今のような音楽を作り上げていって欲しいです。他の女性アーティストと比べてもあまり見かけないタイプの演出なので、いつまでも見続けていたいです(20代男性)」


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:15位までのランキング結果
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」