妹にしたいと思う25歳以下の「若手女性俳優」ランキング! 2位「橋本環奈」、1位は?

テレビや映画でフレッシュな笑顔を見せてくれる若手俳優たち。All About編集部が実施した独自のアンケート調査から、「妹にしたいと思う25歳以下の『若手女性俳優』ランキング」を紹介します。

橋本環奈さん(写真:2017 TIFF/アフロ)

ドラマや映画だけでなく、多くのCMやバラエティ番組でも大活躍する若手俳優たち。その笑顔に癒やされている人も多いのでは。
 

All About編集部は5月29日~6月17日、全国10~60代の427人を対象に「25歳以下の若手俳優」に関する独自アンケートを実施。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「妹にしたいと思う25歳以下の若手女性俳優」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:橋本環奈

2位にランクインしたのは、1999年2月3日生まれの橋本環奈さんでした。地元・福岡でのアイドル活動を経て、2016年公開の『セーラー服と機関銃 -卒業-』で映画初主演。この作品から本格的に俳優活動を始めると、いきなり同作で第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し話題を集めます。
 

その後は、大人気の『キングダム』シリーズ、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』『弱虫ペダル』など映画を中心に大活躍。さらに、舞台『千と千尋の神隠し』で主演の千尋を演じるなど、多方面で演技を披露しています。
 

バラエティ番組に出演することも多い橋本さんは、気さくで明るいキャラクターが男女問わず人気。トークも面白く、妹になってくれたら楽しい毎日が送れそうです。
 

そんな橋本さんは、2023年に映画『春に散る』(8月25日公開)、『禁じられた遊び』(9月8日公開)、『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』(Netflixで9月14日から配信)など、さまざまな作品で主演やヒロインを担当する予定です。
 

アンケートの回答者コメントを見ると、「一緒にお酒を飲んだら楽しそうだから」(東京都/50代女性)、「小柄で可愛いので守ってあげたくなりそうな感じ」(岐阜県/40代男性)、「話してて楽しそうだし、一緒にいたらいつも笑顔になりそうだと感じたため」(東京都/20代男性)といった声が寄せられています。
 

1位:永野芽郁

1位は、1999年9月24日生まれの永野芽郁さんでした。子役として映画やドラマに出演していた永野さんは、ファッション誌『nicola』(新潮社)でモデルとしても大活躍。同世代の女の子を中心に、カリスマ的な人気を獲得します。
 

その勢いのままに、俳優として2016年放送のNHK大河ドラマ『真田丸』や、2017年放送のドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ/フジテレビ系)に出演。2018年にはNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインに抜てきされ、国民的な人気を獲得します。
 

主演作も多く、2021年放送のドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)や2022年放送のドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)、映画では『マイ・ブロークン・マリコ』など話題作に出演。今後は、ドラマ『御手洗家、炎上する』の配信(Netflixで7月13日から)や、映画『こんにちは、母さん』の公開(9月1日)を控えています。
 

かわいらしいビジュアルで、妹としての雰囲気をまとっている永野さん。女性からの人気も高く、姉妹でガールズトークや買い物をしたい人が多いようです。
 

アンケートの回答者コメントを見ると、「聡明かつ謙虚で可愛らしい自慢の妹」(愛知県/40代女性)、「可愛い妹で世話を焼きたくなるし、甘えてきてくれそう」(東京都/40代女性)、「屈託のない笑顔と、愛嬌があるところがかわいいと思うから」(静岡県/40代女性)といった声が寄せられています。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」