真島なおみ、セクシーすぎるバスローブ姿を披露! 美乳にかかったモザイクに「気になる」「悶えます」の声

グラビアアイドルの真島なおみさんは6月22日、自身のInstagramを更新。刺激的なバスローブ姿を披露しました。(サムネイル画像出典:真島なおみさん公式Instagramより)

グラビアアイドルの真島なおみさんは6月22日、自身のInstagramを更新。刺激的なバスローブ姿を披露し、反響を呼んでいます。


【実際の投稿:真島なおみ、セクシーすぎるバスローブ姿】
 

「に、似合ってるかなっ」

真島さんは「に、似合ってるかなっ」とつづり、3枚のグラビアショットを投稿。1、3枚目は青いチャイナ服姿です。露出した豊満なバストの美しさが際立っています。そして、2枚目はバスローブだけを着用した、艶やかな雰囲気のショットです。胸元にかかったモザイクが想像力をかき立て、よりセクシーな印象を与えている気がします。

ファンからは「どの衣装を着ても似合ってて素敵です」「惚れます」「モザイク?が気になる」「バスローブ姿に悶えます」「最もエロティック」「う〜んセクシー」など、称賛のコメントが寄せられました。
 

過去の「白ギャル」風ショットも公開

真島さんは19日に更新した投稿でも「白ギャル」とつづり、豊満なバストが際立つ全身ブラックカラーのコーディネートを披露していました。続けて「お仕事で金髪になってた半年前 なつかしいねぇ」ともつづっており、過去に金髪にしたときの写真であることを明かしています。今後も、さまざまな雰囲気のセクシーショットを投稿してほしいですね。
 


>次ページ:真島なおみさんの「白ギャル」風ショットを見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」