長谷川京子、おなかあらわなスタイル抜群ミニ丈コーデ! 「おへその辺り、セクシー」「お洒落ぇぇぇ~」

俳優の長谷川京子さんが、6月22日に自身のInstagramを更新。ミニ丈のコーディネート姿を披露しました。コメントでは「ウエストが素晴らしい」と、称賛の声が多数上がっています。(サムネイル画像出典:長谷川京子さん公式Instagramより)

俳優の長谷川京子さんが、6月22日に自身のInstagramを更新。ミニ丈のコーディネート姿を披露しました。
 

【実際の投稿:長谷川京子、ミニ丈コーデでおなかあらわ】
 

「何故?日に日に美しくなるの?」

長谷川さんは「バタバタと忙しなくするのが好きなのですが、余裕を持って過ごさないと湧き出てこない感受性...この狭間にいます」とつづり、自身の写真2枚を載せています。丈が短めのトップスとデニムを着用し、サングラスを掛けた姿です。引き締まったおなかがあらわになり、とても格好良く写っています。セクシーさも感じる、おしゃれなコーディネートです。2枚目の全身ショットでは、スタイルの良さが際立っています。

コメントでは「お洒落ぇぇぇ~」「鍛えているからこそ出来るコーデですね」「おへその辺り、セクシー」「何故?日に日に美しくなるの?」「セクシーと言いたい所ですけどカッコいい」「ウエストが素晴らしい」「スタイル抜群で素敵」と、称賛の声が多数上がりました。
 

おなかが見えるショットを公開

長谷川さんは時折、自身のInstagramでおなかが見えるコーディネート姿を公開しています。5月28日には脇腹がちらりと見えるショットを披露。タイトな衣装で、ボディラインの美しさも際立っています。今後もすてきなショットに期待したいですね!
 



>次ページ:おなかが見えるコーディネート姿をもっと見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」