気分に合った“挽きたてコーヒー”が全自動で! しかも……家事のプロが象印「珈琲通」を絶賛するわけ

全自動で豆を挽いて、好みのコーヒーを淹れてくれる、象印の全自動コーヒーメーカー「珈琲通」EC-SA40を使った感想をリポートします。

象印 珈琲通
象印 珈琲通EC-SA40

コーヒー好きにはたまらない、入れたてのコーヒーの香りが漂う空間。ガリガリガリとミルで豆を挽き、コーヒーを入れる時間は格別ですが、バタバタしている出勤日の朝にそのような時間はなかなか取れないもの。

そんな忙しいビジネスパーソンにおすすめなのが、全自動で豆から挽いたコーヒーを入れてくれる象印の全自動コーヒーメーカー「珈琲通」EC-SA40です。 

象印といえば、日本国内では知らない人はいないのではないかというほどの有名メーカーですが、正式社名は象印マホービン。魔法瓶や炊飯器などのキッチン回りの生活家電で特に多くのヒット商品を出しています。コーヒーメーカーもその1つ。象印からはさまざまなタイプのコーヒーメーカーが発売されています。
 

好みのコーヒーを入れられる全自動コーヒーメーカー「珈琲通」EC-SA40

「珈琲通」EC-SA40は、豆と水をセットすれば、あとはボタン1つで好みのコーヒーに仕上げてくれる全自動コーヒーメーカー。
 
タンク取り外し
水タンクは取り外しできる

水を入れるタンクは取り外し可能なので、蛇口から直接水を入れることができます。何気ないことですが、タングが取り外せることで水を入れる手間が短縮されるだけではなく、洗いやすいため、いつも清潔な状態を保つことができるというのがうれしいですね。
 
浄水カートリッジも取り付けられる
浄水カートリッジも取り付けられる

浄水カートリッジも取り付けられるようになっています。

豆をセットする
豆は上から入れるだけ

豆は上から入れるだけ。 

中挽き粗挽きを選べる
豆の挽き方も選べる

ミルの出口のフィルターで「中細挽き」「粗挽き」と2種類の挽き方ができます。

淹れ方も選べる
普通と濃いめを選べる

さらに、入れ方も「濃いめ」「普通」と選べるので、挽き方と入れ方の組み合わせで合計4種類のコーヒーをその日の気分に合わせて選ぶことができます。 

フィルター
粉から入れることも可能

もちろん粉から入れることもできますよ。付属のメッシュフィルターを使ってもよいですし、ペーパーフィルターをセットすることも可能です。

メンテナンスのしやすさも、さすが象印

キッチン回りの生活家電を選ぶときは、メンテナンスのしやすさも重要なポイントです。その点、象印の全自動コーヒーメーカー「珈琲通」EC-SA40は優れています。
 
パーツが外れる
パーツが外れるので洗いやすい

ミルで豆を粉にするという工程があるコーヒーメーカーなので、どうしても粉飛びしてしまうのですが、「珈琲通」EC-SA40はパーツが取り外せるようになっているので、ブラシで粉を落としたり、水洗いするのも簡単です。

クエン酸洗浄も簡単!

水道水を使うものはどうしてもカルキが残りがちなので、定期的にクエン酸洗浄をする必要がありますが、「珈琲通」EC-SA40はそれも簡単。クエン酸を溶かした水をタンクに入れて、洗浄ボタンを長押しするだけです。

珈琲通「EC-SA40」はオープン価格ですが、ネット通販では1万6000円~1万8000円くらいで出ているところが多いようです。 

忙しい朝でも挽きたての豆から入れたコーヒーが飲めるぜいたくな時間。コーヒー好きの人はいかがでしょうか。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在