演技力が高いと思う「遅咲きブレーク俳優」ランキング! 2位は「江口のりこ」と「松重豊」、1位は?

All About編集部は、全国10~60代の500人を対象に「遅咲きでブレークした俳優」に関する調査を実施。本記事では、「演技力が高いと思う遅咲きブレーク俳優」をランキング形式で発表します。(サムネイル画像:『SUPER RICH』公式Instagram(@super_rich_cx)より)

All About編集部は5月29日~6月12日の期間、全国10~60代の500人を対象に「遅咲きでブレークした俳優」に関するアンケート調査を実施。本記事では、「演技力が高いと思う遅咲きブレーク俳優」について聞いた結果をランキング形式で発表します。

>15位までのランキング結果
 

同率2位:江口のりこ(86票)


第2位は同率で2人がランクイン。1人目は、江口のりこさんです。

江口さんは2002年の映画デビュー以降、数々のドラマや映画、CMに名脇役として出演してきました。2021年に『SUPER RICH』(フジテレビ系)で主演に抜てきされるほか、『ソロ活女子のススメ』(テレビ東京系)でも主役を演じ、同シリーズは2023年に第3作目も放送しています。

回答者からは、「どの作品でも凛としていて迫力を感じる演技が素晴らしいから(30代男性)」「演じる役によって大きく表情が異なって、凄いと思うから(40代女性)」「ひょうひょうと演じていますが、自然にドラマに溶け込んでいるのは演技力が高いからだと思います(50代女性)」などの声が上がりました。
 

同率2位:松重豊(86票)


同率2位の2人目は、ベテラン俳優の松重豊さんでした。

松重さんは、1986年に明治大学を卒業すると同時に蜷川幸雄さん主宰の「GEKISYA NINAGAWA STUDIO」に入団。彼の代表作といえば、2012年から放送されている『孤独のグルメ』(テレビ東京系)です。グルメ漫画が原作となっているドラマで、松重さんは主演の井之頭五郎役としてさまざまなグルメを食べ歩いています。2023年はNHK大河ドラマ『どうする家康』にも出演中です。

松重さんを選んだ回答者からは、「それぞれ役の人にしか見えなくなるから(20代女性)」「寡黙な時代劇役者から中年の娘を持つ妻を亡くした父親まで幅広い役ができるから(30代女性)」「主演ドラマのシリーズが10年続いてるのは松重さんの演技力があってこそだと思うので(40代男性)」などのコメントが集まりました。
 

第1位:ムロツヨシ(89票)


演技力が高いと思う遅咲きブレーク俳優第1位には、ムロツヨシさんが選ばれました。

ムロさんは、1999年に舞台での活動をスタート。数々の作品に名脇役として出演し、じわじわと人気を集めてきました。2018年には『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)で戸田恵梨香さんと夫婦役を、2020年には『親バカ青春白書』(日本テレビ系)で永野芽郁さんと親子役として共演するなど、今では主要キャストとして作品を盛り上げ、人気を博しています。

回答者からは、「表現力が凄いからです(30代女性)」「バラエティで見る本人とまるで違うから(20代男性)」「演技以外でも豊かな表情、表現をされていると思います(50代男性)」などの声をはじめ、「役によって声色から何からまるで別人のように変わるから。いつ見ていても、あっという間にその人の演技にのめり込まされて気がつけば時間が経っていることが多い(20代女性)」というコメントも寄せられました。


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:15位までのランキング結果
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も