人柄が好きな「遅咲きブレーク俳優」ランキング! 3位 星野源、2位 中村倫也、1位は?

All About編集部は、全国10~60代の500人を対象に「遅咲きでブレークした俳優」に関する調査を実施。今回はその調査結果の中から、「人柄が好きな遅咲きブレーク俳優」をランキング形式で発表します。(サムネイル画像:星野源さん公式Instagram(@iamgenhoshino)より)

All About編集部は5月29日~6月12日の期間、全国10~60代の500人を対象に「遅咲きでブレークした俳優」に関するアンケート調査を実施。今回はその調査結果の中から、「人柄が好きな遅咲きブレーク俳優」について聞いた結果をランキング形式で発表します。

>15位までのランキング結果
 

第3位:星野源(65票)


第3位は、音楽家、文筆家としても活躍する、星野源さんでした。

2000年にバンド・SAKEROCKを結成し、2010年にアルバム『ばかのうた』でソロデビューした星野さんですが、全国的に名が売れるきっかけとなったのは、 2016年にリリースしたシングル『恋』。自身も出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の主題歌として社会現象ともなる大ヒットを記録しました。 その後は映画『映画ドラえもん のび太の宝島』、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌も手掛け、2021年には新垣結衣さんとの結婚も発表。過去にはキャストの1人として『ウォーターボーイズ』(フジテレビ系)や『タイガー&ドラゴン』(TBS系)などのドラマにも出演していました。

回答者からは、「ガッキーが選んだ人だから人柄もいいと思う(20代男性)」「純粋で真っ直ぐそうなのが演技に出てるから(30代女性)」「ラジオで聞くトークは本当に心に響くものもあるしとても面白い内容もあるので全てが素敵(40代女性)」などのコメントが寄せられました。
 

第2位:中村倫也(66票)


第2位に入ったのは、中村倫也さん。

中村さんは2005年に映画『七人の弔』で俳優デビュー。2018年に放送されたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』への出演をきっかけにブレークを果たしました。プライベートでは2023年3月に日本テレビアナウンサー・水卜麻美さんとの結婚を発表しています。

アンケート回答者からは、「水卜アナとの結婚報告の手紙が素敵でした(50代女性)」「演技に対する熱もすごいですが、常に回りを気にして笑顔にしようなど気を使える所が素晴らしいです(20代男性)」「優しそうで、一緒に酒飲みにいったら楽しそうだから(30代男性)」といった声が集まりました。
 

第1位:ムロツヨシ(115票)


今回のランキングのトップに立ったのは、ムロツヨシさんでした。

ムロさんは1999年に独り舞台で活動をスタート。名脇役としてじわじわと人気を集める中、2018年にはドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)で戸田恵梨香さんと夫婦役を演じ話題に。2023年1月スタートのNHK大河ドラマ『どうする家康』では豊臣秀吉役に抜てき。周囲を明かるくする人柄で、バラエティ番組にも数多く出演しています。

回答者からは、「温和で、面白いイメージがある(20代女性)」「にじみ出ている。いろいろ人の好さとか(40代男性)」「とある番組で、言葉を選んで話されていたのが印象的で気遣いに長けた方と思っているからです(30代女性)」「ユーモアを持ち合わせ、友人関係も広く、誰とでもすぐに打ち解けられそうな印象がある(50代男性)」などの理由が挙がりました。


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:15位までのランキング結果
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは