歴代『教場』シリーズに出演した好きな女性俳優ランキング! 2位「川口春奈」、1位は?

長岡弘樹さんの小説が原作で、2020年、2021年にスペシャルドラマ、2023年には連続ドラマがフジテレビ系で放送された『教場』シリーズ。All About編集部が実施したアンケート調査から、歴代『教場』シリーズに出演した好きな女性俳優ランキングを紹介します(画像出典:川口春奈さん公式Instagram)。

2020年、2021年にスペシャルドラマ、2023年4月クールには連続ドラマ『風間公親-教場0-』(フジテレビ系)が放送中の『教場』シリーズ。長岡弘樹さんの小説が原作で、これまで豪華な俳優陣が多く出演しています。
 

All About編集部は5月29日~6月15日、全国276人を対象に『風間公親-教場0-』に関する独自のアンケートを実施しました。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が、歴代『教場』シリーズに出演した好きな女性俳優ランキングを紹介します。
 

>9位までの全ランキング結果を見る
 

2位:川口春奈(教場/菱沼羽津希役)


2位には川口春奈さんがランクイン。2020年放送のスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)に出演し、「風間教場」の訓練生・菱沼羽津希役を担当しました。訓練生の中で圧倒的な美貌を誇り、自信過剰な羽津希はメディアの取材を受けるなど派手な性格。教場の中でも中心的な存在で、何でも器用にこなす羽津希を川口さんは人生初といえるほどのショートカットで演じました。

羽津希は教官である風間に色仕掛けをしますが、相手にされず逆に警察官失格の烙印(らくいん)を押されることに。プライドを傷つけられながらも、人として成長していく姿が描かれます。やんちゃで自分勝手な羽津希ですが、川口さんが演じるとどこか憎めないキャラクターとして表現されています。

コメントを見ると、「とにかく可愛い。いやらしい女の子の役がハマり役だった」(埼玉県/40代女性)、「ロングヘアーのイメージが強いからショートヘアーがかわいらしくて癒された」(愛知県/30代女性)、「演技にオーラを感じるから」(奈良県/50代男性)といった声が寄せられています。
 

1位:新垣結衣(教場0/隼田聖子役)

1位には新垣結衣さんが見事にランクインしました。新垣さんは、『風間公親-教場0-』で隼田聖子役を担当。主演の木村さんとは初共演で、フジテレビの月9ドラマ出演は『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-3rd season』以来で6年ぶりとなり話題を集めました。
 

隼田は、小学生の娘を持つ新人刑事で、仕事とプライベートに悩んでいるシングルマザー。「風間道場」には初の女性刑事として配属され、厳しい捜査の現状を目の当たりにします。娘との関係に苦悩し誰にも弱音を吐けない女性刑事を、新垣さんは等身大の演技で見せ大きな共感を生むことに。
 

全てを受け入れ人間として成長した隼田は、最終回で再び風間とバディを組みます。新垣さんの凛としたビジュアルは刑事にピッタリで、今回のドラマでもハマり役として愛されています。
 

コメントを見ると、「小学生の子供を持つ母親の役が新鮮でした」(神奈川県/50代女性)、「ガッキーはどんな役をしても清潔感がある」(兵庫県/30代女性)、「刑事とシングルマザーの苦悩を表現していて、応援したくなりました。静かな感情を上手に演じていました」(滋賀県/60代女性)といった声が寄せられています。


>9位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化