青春の味「ご当地パン」人気ランキング! 2位の静岡県「のっぽパン」を抑えた1位は?

旅行情報誌『じゃらん』が「ご当地パンに関する調査」を実施。全国20~50代の男女1014人が選んだ回答結果をランキング形式で発表します。2位「のっぽパン(静岡県)」を抑えた、気になる1位は? ※サムネイル画像出典:プレスリリース(じゃらん公式サイト)


リクルート発行の旅行情報誌『じゃらん』が、「青春を思い起こさせるご当地パン」をテーマにしたアンケートを実施。同調査は2023年5月12~15日、全国47都道府県在住の20〜50代男女1014人を対象にインターネット上で実施したものです。気になる結果を見ていきましょう!

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:のっぽパン(静岡県)

2位に選ばれたのは、静岡県のご当地パン「のっぽパン」でした。こちらは“のっぽ”という名前通り、約34センチという長さと、キリンのイラストが印象的なロングセラー商品。1978年の発売以来、ミルククリームをサンドした優しい甘さが静岡県民に愛されています。

現在はチョコ、ピーナッツ、メイプルなど、多数のフレーバーを展開しているのだとか。「学生時代によく食べた」といった、懐かしい思い出がある人も少なくないのでは?
 

1位:牛乳パン(長野県)

栄えある1位には、長野県のご当地パン「牛乳パン」が選ばれました。牛乳が練り込まれたふわふわの生地にミルククリームがたっぷりサンドされている、ボリューム満点の菓子パンです。1955年ごろに誕生したといわれる歴史あるパンなので、長野県のソウルフードといえるでしょう。

お店によって、パンの名称からパッケージデザインまでさまざま。昔懐かしいレトロ感満載の、かわいいパッケージイラストも要チェックです!

ご当地パンは商品名やパッケージなど、とてもユニーク! ランキング圏内のご当地パンのほかにも、地域の特色あふれるパンはたくさんあります。旅行や外出先で見つけたら、ぜひ手に取ってみてください。


>次のページ:10位までの全ランキング結果を見る

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」