余命宣告を受けたサニージャーニー・みずき、すい臓がん根治に向け手術に挑む。「大丈夫」「絶対に成功する」声援続々

2022年11月の動画で「膵腺房細胞がん」ステージ4と診断された、旅系YouTuberのサニージャーニーみずきさん。その後の抗がん剤治療が功を奏し、根治に向けた手術に踏み切ることになったと発表しました。(サムネイル画像出典:サニージャーニー公式Instagramより)

旅系YouTuberの「sunny journey~サニージャーニー~」が6月7日、動画を更新。2022年11月に「膵腺房細胞がん」ステージ4と診断されたみずきさんが、根治のため手術に踏み切ることになったと発表しました。
 

【実際の投稿:旅系YouTuber、ステージ4のすい臓がん根治に向け手術へ】
 

「膵頭十二指腸切除術」を受けるみずきさん

病気の発覚以降、抗がん剤(フォルフィリノックス)治療を受けてきたみずきさん。その効果は目覚ましく、みずきさんは最新のPET検査の結果、転移したがんは消失していると言い、ステント周辺を残すのみになったと話します。また、ステント周辺は常に炎症を起こしている可能性が高いため、それが関係しているのではというのが、医師の判断だと説明。遠隔転移のがんも消失したこのタイミングで、がんの根治に向けて手術に踏み切る決意をしたと明かしました。
 

みずきさんが受ける手術は「膵頭十二指腸切除術」という、膵頭部(おおよそすい臓の2/3程度)、十二指腸、胆のうを切除する大変な手術で、手術中に死亡する可能性は3%、100人に3人と決して低い数字ではありません。しかし、今回みずきさんの手術を執刀する医師は、日本肝胆膵外科学会の認定試験に合格した肝胆膵外科高度技能専門医であり、3%の手術リスクはより下がるそうです。
 

「この動画が出てそんなに経たないうちに入院」

手術時間は約8~10時間くらいで、入院期間は合併症がなければ早くて2週間。長くとも約1カ月とのこと。夫のこうへいさんは、手術の日程は明かせないものの「この動画が出てそんなに経たないうちに入院」と語り、術後の経過は順次、こうへいさんが動画化してファンに報告予定だそうです。
 

また術後、みずきさんの回復には退院後1~2カ月の時間を要し、場合によっては半年近い時間がかかる可能性もあるため、旅動画はストック分の数本を公開し終えてからしばらく休止。当面は術後経過や、リハビリ情報をメインに投稿していくことも明かしました。
 

病気発覚当初、「長くて2年」と余命宣告まで受けていたみずきさんは、「手術ができるなんて奇跡のよう」「本当にたくさんの方々に支えていただいた結果」と、ファンに感謝のメッセージを送りました。
 

コメント欄には、「必ず治ってこうへいさんと素敵な未来を築いて」「お二人がまた笑顔で旅を続けられる日が近づいて来てるんだなと思うと本当に嬉しい」「大丈夫」「絶対に成功する」と多くの声援があふれています。中には、「私も3週間前にコンバージョンで膵頭十二指腸切除術の手術をしました」と同じ手術を受けたという人や、「うちの家族も膵頭十二指腸切除術を受けました」と家族が同じ手術を受けたという人から「1年経って普通の一人分の食事を3食食べれるし外出もできて元の生活に戻れてます」と力強いコメントも寄せられました。みずきさんがまた、笑顔で動画に登場できる日を、静かに待ちたいですね。
 



>次ページ:みずきさんの闘病動画をもっと見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」