地元愛を感じる「熊本県出身」の芸能人ランキング! 2位は「くりぃむしちゅー」上田晋也&有田哲平、1位は?

All About編集部が実施したアンケート調査を基に、「地元愛を感じる熊本県出身の芸能人ランキング」を発表! 回答者コメントと併せて紹介します。(サムネイル画像出典:ニッポン放送『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』公式Twitterより)

左から有田哲平さん、上田晋也さん※画像出典:ニッポン放送『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』公式Twitterより(@ariue_ann_jolf)
左から有田哲平さん、上田晋也さん※画像出典:ニッポン放送『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』公式Twitterより(@ariue_ann_jolf

All About編集部では、全国10~60代の472人を対象に「長崎県/熊本県出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施(調査期間:5月11~25日)。その結果から本記事では「地元愛を感じる熊本県出身の芸能人」ランキングを発表します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

同率2位:有田哲平、上田晋也(くりぃむしちゅー)

2位は同率で、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平さんと上田晋也さんがランクイン。
 

高校時代からの友人だった2人は、1991年にお笑いコンビ・海砂利水魚を結成。バラエティ番組『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)への出演などで知名度を上げ、2001年に「くりぃむしちゅー」に改名します。
 

現在は『くりぃむクイズ ミラクル9』『くりぃむナンタラ』(共にテレビ朝日系)といった冠番組や『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)など、多くのバラエティ番組で活躍中。また、有田さんはYouTubeチャンネル「有田哲平のプロレス噺【オマエ有田だろ!!】」の配信者、上田さんは情報番組『Going! Sports&News』(日本テレビ系)の司会者を務めるなど、個人でも活動しています。
 

回答者からは「熊本の事を大切に思いチャリティーライブをするなど熊本地震災害義援金を出しているなど地元愛を感じます(50代女性/神奈川県)」「昔、オールナイトニッポンやってた時、済々黌高校ラグビー部の先輩や顧問をネタにしてたから。ファンの間では有名なネタになってます(30代男性/群馬県)」「熊本出身ということをよくテレビで出しているので。行ってみたいなという気持ちにさせてくれます(30代女性/東京都)」などの声が上がりました。
 

共に熊本市出身の2人。2016年4月に熊本地震が発生した際には、同年6月からチャリティートークライブを行うなど故郷の復興支援に尽力しています。
 

1位:スザンヌ

1位に選ばれたのは、タレントのスザンヌさんでした。
 

熊本市出身のスザンヌさんは、14歳のときにスカウトされ芸能界入り。2007年にバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジテレビ系)に出演しブレークします。2015年に熊本に拠点を移すと、2021年には母校の高校に再入学し翌年卒業。現在は日本経済大学の芸創プロデュース学科に在籍し、並行してタレント業もこなしています。
 

回答者からは「地元のテレビにも良く出てますし、インスタでは熊本のことを載せてたりしますし、熊本に住んで活動してるから(30代女性/熊本県)」「熊本の郷土料理を番組で披露されていたことがあるので、郷土料理をつくれるほど熊本が好きな方なのかなと思います(20代女性/大阪府)」「くまモンとのツーショットをよくお見掛けした気がして、地元を大切にされているイメージがあります(30代女性/兵庫県)」などの声が上がりました。
 

熊本県の宣伝部長を務めるスザンヌさん。自身のInstagramでは地元の飲食店や開催イベントの宣伝も精力的に行っています。
 

※回答者からのコメントは原文ママです
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

【おすすめ記事】
「熊本県出身」の好きな芸能人ランキング! 2位「上田晋也(くりぃむしちゅー)」、1位は?
実は「熊本県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 2位「倉科カナ」、1位は?
「頭の回転が速い」と思うお笑い芸人ランキング! 3位 カズレーザー、2位 明石家さんま、1位は?
「知的なイメージのある早稲田大学出身の芸能人」ランキング! 2位「上田晋也」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ