20年前(2003年)の「夏ボーナス」はいくらだった? 当時の出来事と共に平均支給額や業種別の傾向を振り返る

厚生労働省の「平成15年9月分結果速報及び平成15年夏季賞与の結果(確報)」や、経団連の「2003年夏季・冬季『賞与・一時金調査結果』について」のデータを参考に、今から20年前の夏ボーナス支給額を、当時の出来事と一緒に振り返ります。

業種別トップは「電気・ガス業」の93万2252円

引き続き、厚生労働省の「平成15年夏季賞与の産業別支給状況」を参考に、業種別も見ていきましょう。

平成15年夏季賞与の産業別支給状況
平成15年夏季賞与の産業別支給状況(図表:厚生労働省が作成)

「事業所規模5人以上30人未満」では、「電気・ガス業」の平均支給額が87万2157円(前年同期比0.6%増)と最も高く、次いで「金融・保険業」の63万2042円(同6.7%減)でした。

「事業所規模30人以上」のトップも「電気・ガス業」で93万2252円(同3.5%増)、次いで「金融・保険業」が72万6151円(同1.8%減)となっています。


前年同期比で比較すると(事業所規模5人以上30人未満)、「鉱業」が19.4%減、「金融・保険業」が6.7%減、「建設業」が6.1%減です。


>最初から読む

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】