2023年春ドラマで「ハマり役だと思う」女性俳優ランキング! 3位「田中みな実」、2位「橋本環奈」、1位は?

All About編集部は2023年4月20~28日、全国355人を対象に「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。回答者の多くが「2023年春ドラマでハマり役だと思う」と答えた女性俳優は?​(サムネイル画像出典:『王様に捧ぐ薬指』公式Instagramより)

話題作が豊富な2023年春ドラマ。今話題の俳優陣たちが各作品を彩っていますが、役のキャラクターと演じる俳優さんのイメージがぴったり! と感動を覚えるほどのドラマと出合えたら、ストーリーにどんどんハマっていってしまいますよね。

そこで今回は、All About編集部が2023年4月20~28日の期間、全国355人を対象に実施した「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査の中から、2023年春ドラマで「ハマり役だと思う」女性俳優ランキングの結果を紹介します。


>10位までのランキング結果を見る

 

第3位:田中みな実


3位には、木曜夜10時から放送のドラマ『あなたがしてくれなくても』(フジテレビ系)に出演している田中みな実さんがランクイン。

同作は、ハルノ晴さんによる同名漫画の実写版。夫婦のタブーである“セックスレス”をテーマにした大人の恋愛ドラマとなっています。

作品の中で田中さんは、岩田剛典さん演じる新名誠の妻であり、出版社でファッション誌の副編集長として働く新名楓を演じています。自身のキャリアを優先するあまり、夫婦生活をおろそかにしてしまったことから、次第に夫との関係にヒビが入り始めて……という、センシティブな役どころを田中さんはとても自然に演じています。

回答理由では、「できる女がすごく合ってる!」(山口県・40代女性)、「ドラマの役柄がキャラに似合いすぎているから」(秋田県・30代女性)「原作のイメージ、ピッタリでした」(東京都・20代女性)などの意見が聞かれました。
 

第2位:橋本環奈

2位には、火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)で主演を務める橋本環奈さんが入りました。

わたなべ志穂さんの同名人気漫画が原作となるこのドラマは、同じ職場で働く男女が互いの利益のために偽装結婚をするという超打算的シンデレラストーリーを描いたラブコメディ。

橋本さんは家族を守るために、山田涼介さん演じる職場の社長・新田東郷との結婚を選んだヒロイン・羽田綾華を演じています。数々の男性を魅了する絶世の美女という役どころは、まさに「1000年に1人の逸材」や「天使すぎる」などと呼ばれてきた美貌を持つ橋本さんにぴったり。また、橋本さんは今作で人妻役にも初挑戦し、新境地を切り拓いています。

回答理由では、「絶世の美女役は橋本環奈さんだからこそ務まると思うから」(広島県・20代女性)、「可愛すぎて争いが起きるほどの美女に文句なしに納得できるので」(東京都・60代女性)、「コミカルな演技もすばらしいので」(東京都・40代女性)などの意見が聞かれました。
 

第1位:天海祐希


1位に輝いたのは、月10『合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明』(フジテレビ系)で主演を務める天海祐希さんでした!

同作は、柚月裕子さんによる小説『合理的にあり得ない 上水流涼子の解明』を原作とした、極上痛快エンターテインメント。

作品の中で天海さんは、元弁護士で頭脳明晰(めいせき)、変装を武器とする女探偵・上水流涼子を演じています。松下洸平さん演じるIQ140の相棒・貴山伸彦とタッグを組み、不条理がまかり通る現代の“あり得ない”敵を、“あり得ない”手段で葬っていくという役どころを、天海さんは時にコミカルに、時にカッコ良く演じています。

回答理由では、「姉貴気質なのにかわいい部分があるところが、本人のキャラクターに被るところもあるからです」(東京都・40代女性)、「天海祐希は立場が弱くなりがちな女性たちの先頭になって戦う役がとても似合う、今回の作品がまさにそういう役だと感じた」(東京都・30代女性)などの意見が聞かれました。


※回答者のコメントは原文ママです


>10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
春ドラマに出演中の「好きな女性俳優」ランキング! 3位は「橋本環奈」、2位は「天海祐希」、1位は?
春ドラマに出演中の「演技がうまいと思う女性俳優」ランキング! 「新垣結衣」や「高畑充希」らを抑えて1位に輝いたのは?
春ドラマで「新たな一面が見られた女性俳優」ランキング! 3位「田中みな実」、2位「ヒコロヒー」、1位は?
演技がうまいと思う「King & Prince」のメンバーランキング! 2位「永瀬廉」、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化