ごまづくしのヌン活!? “かどや製油”運営のごま専門店カフェ「goma to」のアフタヌーンティー、内容は?

160年以上続くごま一筋のブランド「かどや製油」が運営するごま専門店カフェ「goma to」が通年メニューとしてアフタヌーンティーを販売スタート! お店で人気のナンバーワンスイーツから、搾油後のごまの搾りかすを食べて育った豚肉を使うオープンサンドなど、ごまづくし12品が楽しめます。

かどや製油が運営するごま専門カフェ「goma to(ゴマト)」が、新作メニュー「goma toアフタヌーンティー」をスタート! 試食会に参加してきましたので、その内容を詳しく紹介します。
 

2022年6月にオープンした、かどや製油初の飲食店

自由が丘駅から徒歩5分ほどの場所にあります

「goma to」は、1858年創業のごま総合メーカー「かどや製油」による、ごま専門カフェ。いりごまやすりごま、ねりごまに加え、焙煎度が異なるごま油など、全てのメニューにごまが使われており「ごまってこんな食べ方や合わせ方ができるんだ!」と楽しめる内容になっています。
 

ごまづくしの「goma toアフタヌーンティー」が新登場

「goma toアフタヌーンティー」(写真は2人分)


2023年6月にはオープン1周年を迎えます。そこで5月15日から通年メニューとして「goma toアフタヌーンティー」が平日限定で新登場! お店で人気のナンバーワンなスイーツから、搾油後のごまの搾りかすを食べて育った豚肉を使うオープンサンドなど、ごまづくし12品の内容です。


>次のページ:ごまづくしのアフタヌーンティー、気になるメニュー詳細は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在