好きな『週刊少年ジャンプ』連載作品が原作のアニメ作品ランキング! 『鬼滅の刃』を抑えた1位は?

好きな『週刊少年ジャンプ』連載作品が原作のアニメ作品ランキング! 大ヒットアニメが続々登場する中でも、幅広い世代からの支持を集めた作品を回答者のコメントと共に紹介します。(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『鬼滅の刃』 画像出典:プレスリリース  (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

All About編集部では、全国の10〜60代の男女439人を対象に『週刊少年ジャンプ』のアニメ作品に関するアンケート調査をインターネット上で実施しました(調査期間:4月24日~5月8日)。今回はその中から、 好きな『週刊少年ジャンプ』(集英社)の連載作品が原作のアニメ作品ランキングを発表します。

>25位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:『ONE PIECE』

第3位は、尾田栄一郎さんによる漫画が原作の『ONE PIECE』。連載は1997年に始まり、現在も掲載中。単行本は、2023年3月に最新刊105巻が発売されました。テレビアニメや劇場版アニメも人気で、アニメから好きになったという声も目立ちました。

「ロマンがあるストーリーで大人でも楽しめるので(52歳男性)」「要所で感動して泣かせてくれるアニメ作品だと思います。友情・努力・勝利を兼ね備えた王道ジャンプ作品だと思います(35歳女性)」「ワンピースは小学生の頃からずっと観ています。初期は泣けるシーンも多く、学ぶことも沢山ありました。とても素晴らしい作品です(39歳女性)」など、面白いだけでなく、泣けたり考えさせられるテーマに魅了されるとの声がありました。
 

第2位:『鬼滅の刃』    

第2位は、吾峠呼世晴さんによる漫画が原作の『鬼滅の刃』。2016~2020年まで連載されました。ファン待望のテレビアニメ第3期「刀鍛冶の里編」は4月から放送。2020年から公開された『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の国内興行収入は400億円を超え、日本歴代1位の記録を更新しました。

回答者からは、「観始めたら途中でやめられなくなった。アニメは最初の5分で飽きてしまうことが多いので、こんな作品は本当に珍しい(54歳女性)」「少年漫画はあまり読まない方なのだが、大正時代の時代背景と、過激な戦闘やコミカルなシーンやクールなキャラ等にハマってしまった(46歳男性)」など、普段はあまりアニメを観ない人からも、この作品はのめり込んでしまったとの声がありました。

さらに、「作画がとてもきれいで動きからもキャラの心情が多く読み取れる(25歳未回答)」「原作に忠実で、作画もとっても綺麗(56歳女性)」「グラフィックが非常にきれいで見やすかった(26歳女性)」など、作画や映像の美しさに感動したとの声が多数寄せられました。
 

第1位:『ドラゴンボール』

第1位は、鳥山明さんによる漫画が原作の『ドラゴンボール』。1984~1995年まで連載されました。劇場版アニメ作品も注目を集め、2022年には劇場版アニメ第21作目となる『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が公開されました。

回答者からは、「いくつになってもワクワクするストーリーと戦闘シーンが好き(18歳男性)」「王道バトルアニメでワクワクしていたから(39歳男性)」「格闘マンガの金字塔(56歳男性)」など、ストーリー展開やバトルシーンに“ワクワクした”との声が多数寄せられました。

さらに、「私がアニメにはまったきっかけの作品であり小学生時代の思い出の1/4を占めている作品だから(19歳男性)」「長男が好きだったので一緒に見ていて好きになった(65歳男性)」など、子ども時代や家族との思い出の作品、とのコメントも目立ちました。


>25位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
“原作超え”している『週刊少年ジャンプ』アニメ作品ランキング! 『ドラゴンボール』を抑えた1位は?
声優の演技が光っている『週刊少年ジャンプ』のアニメ作品ランキング! 『銀魂』を抑えたTOP2は?
作画がすごいと思う『週刊少年ジャンプ』のアニメ作品ランキング! 『ONE PIECE』を抑えたTOP2は?
不朽の名作だと思う『週刊少年ジャンプ』のアニメ作品ランキング! 『SLAM DUNK』を抑えたTOP2は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望