『合理的にあり得ない』第4話 “貴山”松下洸平の正体に話題殺到「いったい何者?」「涼子と過去の接点は?」

5月8日に放送されたドラマ『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』(カンテレ・フジテレビ系)第4話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『合理的にあり得ない』公式サイト)。

天海祐希さん、松下洸平さんが共演するドラマ『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』(カンテレ・フジテレビ系)。5月8日に放送された第4話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

合理的にあり得ない
画像出典:カンテレ・フジテレビ系『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』公式サイト

 

第4話のあらすじ

ある日、久美(白石聖)が事務所のクローゼットで某有名美容クリニックのナース服を発見。貴山(松下洸平)によると、探偵事務所・上水流エージェンシーを立ち上げた涼子(天海祐希)が受けた最初の依頼にまつわる衣装とのこと。
 

8カ月前、弁護士時代の後輩が依頼者の女性・西田真紀(市川由衣)を連れてやって来ます。真紀は結婚を機に額のあざを消そうと、著名な美容家・愛原樹里亜(水野美紀)が院長を務めるマジェスティックビューティーラボで施術を受けるが、半年後に一度消えたあざが元に戻るどころかひどく悪化。元に戻すためには海外で整形するほかなく、真紀は多額の費用を樹里亜から奪いたいといいます。
 

涼子は真正面から樹里亜に突撃。しかし樹里亜の法的防御は厚く、涼子は法曹資格を失った貧乏探偵とののしられるばかり。元刑事・丹波(丸山智己)が廃業した探偵の道具を差し入れてくれたものの、どう攻めたものか考えあぐねる涼子。そんな折、涼子の車に猫が迷い込んだことで、飼い主の貴山と偶然の出会いを果たします。
 

樹里亜が若い男性秘書を募集していると知っていた涼子は貴山に目をつけ、猫にひっかかれ傷んだジャケットの代償を「カラダで払って」と提案。涼子に言われるまま採用試験に潜り込み見事採用された貴山は、裏社会の住人で懇意にしている知人・有田浩次(中川大輔)を涼子に引き合わせ、彼と仲間の協力も得ながら作戦が実行されていきます。
 

違法施術の証拠となる手帳の写しを入手し、買い取るように迫る涼子でしたが、樹里亜は物的証拠がないとしらを切り通します。貴山の機転により一矢報いることはできたものの、完全に追い詰めることはできず。さらに依頼者の真紀は自ら命を絶ってしまっており、2人にとっては苦い記憶に。この依頼をきっかけに涼子は貴山を助手としてスカウトしたのでした。
 

そんな思い出話をしている中、樹里亜が突然、事務所に押し掛けてきて――。

 

合理的にあり得ない
画像出典:カンテレ・フジテレビ系『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』公式サイト

 

貴山とはいったい何者なのか?

涼子と貴山の出会いも描かれた第4話。IQ140の天才でピッキングもでき、宝石のレプリカを作るツテも持ち裏社会にも通じているが、唯一恋愛経験はゼロの貴山。そんな彼の過去を探らず、「今の貴山君を信じる」とスカウトした涼子。その際「互いに嘘はつかない」と約束したにもかかわらず、貴山は意識不明の父親を毎週見舞っていることは「猫カフェにいる」と嘘をつき隠しています。いったい貴山は何者なのでしょうか?
 

Twitterでは「貴山は裏社会に通じてる?警察が様子を見に来ているってことはお父さんも?涼子さんの仕事にさして抵抗なく手伝うのも怪しく見える」「涼子さんと貴山君の過去って…接点あるのかなぁ?」「浩次は貴山と何の知り合いなんだろ。浩次も実はIQ140あったりする?」などのコメントが寄せられています。
 

第5話では、殺害予告ともとれる脅迫状が届いたと助けを求める樹里亜。涼子はある思いを抱え、身辺警護と犯人特定の依頼を引き受けることに。その過程で涼子も知らなかった8カ月前の新事実も浮上し――。涼子と貴山の七変化と事件解明はもちろん、気になる貴山の正体にどこまで切り込まれるのか期待です。
 

『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』第5話 5月15日放送予告



【おすすめ記事】
『合理的にあり得ない』第3話 天海祐希&松下洸平、謎の中国人富豪に変装しツッコミ「さすがに声で気づくw」
『合理的にあり得ない』第2話 天海祐希、ノリノリのジュリ扇バブリーダンス&アクションに絶賛の声
『合理的にあり得ない』第1話 “かっこいい”天海祐希דカワイイ”松下洸平、最強タッグ誕生に視聴者歓喜
「期待している春ドラマ」ランキング! 3位『ラストマン』、2位『風間公親 教場0』、1位は?
「主演俳優に期待している春ドラマ」ランキング! 3位『風間公親 教場0』、2位『らんまん』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応