「食品値上げで買い物のたびにため息が出る」世帯年収500万円夫婦、1カ月のリアルな収支内訳を聞いた

All About編集部が3月30日~4月7日に実施した「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。今回は、秋田県秋田市に住む、39歳女性世帯の生活実態です。

物価や光熱費の高騰、それでも賃金は上がらない現状などによって、以前より生活が苦しく感じる人も多いのではないでしょうか。

All About編集部では、3月30日~4月7日にかけて「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートを実施しました。今回は、その調査結果を基にリアルな生活収支の実態を紹介します。自分の収支状況・内訳と比較するなど、参考にしてみてください。
 

世帯年収500万円の夫婦「食品値上げ。買い物のたびにため息が出る」

今回は、秋田県秋田市に住む、39歳女性世帯の生活実態です。

夫婦2人暮らしで、妻の年収100万円、夫の年収400万円。現在の生活について、「値上がりしているのであれば買わなければいい話ですが、殆どの食品が値上がりしているのでそれは難しい状態になっていて買い物をするたびにため息がでます」とコメント。

また、「買い物する際はすぐ食べるものかどうかを考えながら買い物をしています。あと、せっかく購入したものを廃棄したくないので食品ロスにも気を遣いながら買い物をしています。暖房費に関しては冬の間は着込む事でいくらか暖房費の節約が可能と思われますが、夏場の猛暑時の冷房費節約はどうしようかと思っています」と話します。
 

家賃や食費、光熱費など、リアルな収支状況とやりくりのポイントは?

■秋田県秋田市、39歳女性世帯の場合
年収:夫400万円、妻100万円
住宅ローン:完済(管理費1万円)
間取り:3LDK
食費:2万円
交際費:5000円
電気代:8000円
ガス代:7000円
水道代(2カ月での請求額):4000円
通信費:1万2000円
車(2台分):ガソリン代1万6000円、駐車場代1万9000円、保険1万2000円
その他:医療費5000円、美容院5000円、生命保険月4万円(2人分)

現在行っている家計のやりくりのポイントとして、「玄関内のライトが人感センサーの為、少しでも節約をしたいと考え、人感センサーを切っています。お風呂は保温時間を1時間にし、入浴するときは間隔が空かないように1人が入ったらすぐ次が入り保温時間を短くするようにしています。あとはポイントが多く貰える日に買い物をするようにしてポイントが貯まるようにしています」と教えてくれました。

今後については、「具体的に考えている将来の展望などはありませんが、この値上がりはしばらくずっと続くと考えています。出来れば少しでも早く価格が以前と同じ金額になればと願うばかりです」と話しました。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
専業主婦・夫の年収1100万円「住宅ローン25万円。不自由ない暮らし」3人家族のリアルな収支内訳を聞いた
「贅沢な食生活ではないのに、食費がかさむ」世帯年収500万円・4人家族、1カ月のリアルな収支内訳
2人で年収1800万円の同棲カップル「彼の生活に順応するのが少しストレス」1カ月のリアルな収支内訳は?
年収300万円・都内1人暮らしの25歳「単純作業でいいのでプラスの収入がほしい」1カ月のリアルな収支内訳
世帯年収450万円・都内在住の4人家族「マイホーム購入計画を実現させたい…」収支内訳と節約術を聞いた
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない