専業主婦・夫の年収1100万円「住宅ローン25万円。不自由ない暮らし」3人家族のリアルな収支内訳を聞いた

All About編集部が3月30日~4月7日に実施した「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。今回は、千葉県浦安市に住む、31歳女性世帯の生活実態です。

物価や光熱費の高騰、それでも賃金は上がらない現状などによって、以前より生活が苦しく感じる人も多いのではないでしょうか。

All About編集部では、3月30日~4月7日にかけて「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートを実施しました。今回は、その調査結果を基にリアルな生活収支の実態を紹介します。自分の収支状況・内訳と比較するなど、参考にしてみてください。
 

31歳専業主婦・夫の年収1100万円「不自由なく暮らしている」

今回は、千葉県浦安市に住む、31歳女性世帯の生活実態です。

子どもが1人の3人家族で、夫の年収が1100万円。現在の生活について、「収入と支出のバランスも保てており不自由なく暮らしていますが、ローンが重いため将来のために投資などをして貯蓄を増やしていきたいと考えています」とコメントしました。
 

家賃や食費、光熱費など、リアルな収支状況とやりくりのポイントは?

■千葉県浦安市、31歳女性世帯の場合
年収:夫1100万円
住宅ローン:25万円
間取り:3LDK(一軒家)
食費:5万円
交際費:1万円
電気代:1万5000円
ガス代:1万5000円
水道代(2カ月での請求額):2万円
通信費:2200円
車(ガソリン代、駐車場代、その他維持費など):1万円
その他:夫の出張に伴う外食費6万円

現在行っている家計のやりくりのポイントとして、「買い物は極力まとめてすること、必要最低限の物で回すこと、冷暖房は脱ぎ着をして調整することなど基本的ではありますがこまめなところから節約を心がけています」と教えてくれました。

今後の展望を聞くと、「35年ローンを繰り上げ返済し早めに終わらせること。また数年すると子どもの義務教育が始まるためそれまでに支出を少しでも減らしさらに余裕のある生活を目標としています」と話しました。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「食品値上げで買い物の度にため息が出る」世帯年収500万円・夫婦2人暮らし、1カ月のリアルな収支内訳
「贅沢な食生活ではないのに、食費がかさむ」世帯年収500万円・4人家族、1カ月のリアルな収支内訳
2人で年収1800万円の同棲カップル「彼の生活に順応するのが少しストレス」1カ月のリアルな収支内訳は?
年収300万円・都内1人暮らしの25歳「単純作業でいいのでプラスの収入がほしい」1カ月のリアルな収支内訳
世帯年収450万円・都内在住の4人家族「マイホーム購入計画を実現させたい…」収支内訳と節約術を聞いた
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在