世帯年収約1000万円、頭金200万円未満で「東京23区の一戸建て」を購入した40代夫婦の後悔

All About編集部は、2017年以降にマイホームを購入した人を対象にアンケート調査を実施。今回紹介するのは、2017年に東京23区内の戸建てを購入した47歳女性のエピソードです。

世帯年収約1000万円、都内戸建てを購入した40代夫婦の後悔(画像はイメージ)

憧れのマイホーム購入。分譲マンションか戸建てか、新築か中古か。ローンは固定金利と変動金利、どちらが良いのか。頭金はどれくらいあれば安心なのか……。住宅購入にあたっては、気になることがたくさんありますよね。
 

All About編集部は2022年12月1日~2023年3月28日、2017年以降にマイホームを購入した人を対象にアンケート調査を実施。世帯年収や頭金、住宅ローンの有無、購入時に気が付かず後悔していること、将来の不安などを聞きました。今回紹介するのは、2017年に東京23区内の戸建てを購入した47歳女性のエピソードです。住宅購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。
 

回答者のプロフィール

回答者本人:47歳女性、正社員(事務系)
家族構成:既婚(子あり)
パートナー:正社員(教員)
世帯年収:980万円(自分370万円、パートナー610万円)
 

購入したマイホーム/住宅ローンの情報

購入した物件:東京23区内、戸建て
住宅ローン:変動金利型35年ローン、4100万円(月々13万円)
頭金:200万円未満
 

世帯年収約1000万円、40代夫婦の後悔

こちらの女性の後悔は、住宅ローンの組み方について。「夫婦で分割のローンにすれば良かった」と後悔しているそうです。詳しく話を聞くと、「住宅ローン減税があるのですが、もともとの税金の額が少ないせいなのか、減税率いっぱいの減税額になりません。別ローンにしていれば、戻ってくる金額も多かったのかなあと思っています。また、35年と返済期間が長いので、退職後もローン返済が続いてしまうことに、いまさらながら不安を感じるようになってきました。もう少し無理のない計画、予算にすれば良かったです」と話しています。
 

マイホームや将来に関する不安

将来については、やはり住宅ローンへの不安が大きいようで「退職後もかなりの期間ローン返済が続くので、ローン破綻しないかどうか心配です。また、夫婦が2人ともフルタイムで働いていくことが前提のローン返済なので、どちらかが働けなくなったり収入が減った場合、どうなってしまうのか不安です」とのこと。
 

戸建てのため「時期が来たら修繕にもまとまったお金が必要になるのかなと思います。マンションと違って修繕積立金がないため、自分で計画的に貯めておかねばとは思うのですが、なかなか難しいです」とも話していました。


【おすすめ記事】
世帯年収1400万円、20年ローンで3500万円のマンションを購入した30代夫婦の後悔「新型コロナでボーナスがなくなり……」
世帯年収490万円で2600万円のマンションを購入、40代夫婦の後悔「修繕積立金が5年で1.5倍に……」
「嫁の希望で新築にしたけど……」世帯年収600万円、3200万円の首都圏マンションを購入した30代夫婦の後悔
夫の年収600万円&妻は専業主婦の30代夫婦、2600万円で夢の「都内中古マンション」購入のはずが……
年金は月12万円、貯蓄2500万円だけど「夫が亡くなってから……」70歳女性が語る年金暮らしのリアル

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望