「コーヒー」と「エスプレッソ」は何が違う?「違いの分かる人」になれるエスプレッソの豆知識

4月16日はエスプレッソの日! エスプレッソとデミタスコーヒーの違いなど、「違いの分かる人」になれるエスプレッソの豆知識をご紹介します。

4月16日はエスプレッソの日!


1906年4月のミラノ万博で「エスプレッソ」と初めて表記されたことにちなんで、一般公開日である4月16日がエスプレッソの日に制定されました。


今回はエスプレッソとデミタスコーヒーの違いなど、「違いの分かる人」になれるエスプレッソの豆知識を紹介します。
 

画像出典:いらすとや

 

「コーヒー」と「エスプレッソ」の違い

エスプレッソ(espresso)とは、イタリア発祥のコーヒーの抽出方法およびその方法で抽出したコーヒーのこと。一般的なコーヒーの淹れ方であるドリップ式は、フィルターに入れたコーヒーパウダーにお湯を注ぎ、自重で自然透過させます。


対してエスプレッソ式は、ポンプなどで強制的に圧力をかけてお湯を通して、短時間で一気に素早く(express)抽出します。この抽出方法で液面に作られるムース状の細かい泡はクレマ(crema)と呼ばれ、コーヒー豆の油分やたんぱく質に由来するエスプレッソの甘さの元とされています。


濃厚な味わいと豊かな香りを楽しむ抽出方法として、イタリアでは単にコーヒーというとエスプレッソを指すほど親しまれています。

 

「エスプレッソ」と「デミタスコーヒー」の違い

似ているので混同しやすいですが、エスプレッソとデミタスコーヒーは違います。


デミタスコーヒー(Demitasse)とは、深煎りのコーヒー豆を挽いて布フィルターでドリップ(ネルドリップ)したコーヒーのこと。エスプレッソとは抽出方法が違います。フランス語で小さなカップを意味する「デミタス」と呼ばれる通常の半分程度の大きさのコーヒーカップに入れることが語源です。


1806年、コーヒー豆が不足していた当時にイタリアのカフェ「アンティコ・カフェ・グレコ」が、苦肉の策でカップを小さくして豆の量を減らし価格も下げて提供したことがはじまりとされています。


この小さなデミタスカップで飲むスタイルは、その後のエスプレッソにも受け継がれていきました。

 

「マキアート」と「ラテ・マキアート」の違い

マキアート(macchiato)とは、エスプレッソに、エスプレッソマシンなどを使って蒸気で泡立てた牛乳を少量注いだもの。語源はイタリア語で「染みのついた」という意味で、エスプレッソにミルクで染みをつけたように見えることに由来しています。


一方のラテ・マキアート(latte macchiato)は、逆に蒸気で泡立てた牛乳にエスプレッソを少量加えたもの。


名前が似ているのでややこしいのですが、マキアートはほぼエスプレッソで、ラテ・マキアートはほぼ牛乳。真逆なので、注文する際はご注意ください。


【おすすめ記事】
「カフェオーレ」と「コーヒー牛乳」の違いは何? 「違いの分かる人」になれる豆知識
「ハンドドリップ」と「サイフォン」は何が違う? 「違いの分かる人」になれるコーヒーの豆知識
日本の「コーヒー事情」4つの特徴、海外から見ると驚きだった!
コスパが良いと思うコーヒーチェーン店ランキング! 2位「コメダ珈琲店」、1位は?
「コーヒー」がおいしいと思うコンビニランキング! 圧倒的票数を獲得した1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「自分には困らないけど、観光客には不便だと思う」在住歴25年のタイ人男性が語る、日本の利点と不便さ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『関心領域』が好きな人へ。併せて見てほしい「理由」がある映画『ONE LIFE』を解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密