東海オンエア・虫眼鏡、交際4カ月でスピード結婚した「ラブラブ」な妻とのエピソード披露。プロポーズの言葉は「何て言ったか覚えてない」

6人組YouTuberグループ・東海オンエアの虫眼鏡さんが自身のSNSで結婚発表をした4月7日に東海オンエアのサブチャンネル、10日に個人チャンネルで結婚について話し、話題を呼んでいます。

6人組YouTuberグループ・東海オンエアの虫眼鏡さんが4月7日に自身のSNSで結婚を発表。同日、同グループのサブチャンネル「東海オンエアの控え室」でメンバーたちと結婚について話す動画を公開しました。
 

「これからも一生推すぜ」

画像出典:虫眼鏡さんInstagram

話題になった船上での釣りショットに関して、「っていう“釣り”をやってるんでしょ?」とネタ画像ではないかと虫眼鏡さんに振ったしばゆーさん。実は、「ガチのミス」だったと虫眼鏡さんが明かしました。
 

妻の父親から釣りに誘われた虫眼鏡さんは、「彼女のお父さんの前で指輪を付けないのも変」ということで、指輪を付けて釣りへ。指輪を付けたまま、魚が釣れて意気揚々とした瞬間を捉えた写真をInstagramのストーリーズで公開。「5分くらいで気付いた」ものの、すでに大きな反響を呼んでしまっており、結果として結婚発表の決意ができたようです。
 


動画の終盤では既婚のてつやさん、しばゆーさん、ゆめまるさん、虫眼鏡さんの3人が結婚指輪をはめた左手を出し合って、「4人記念!」と叫ぶシーンも。虫眼鏡さんの結婚で、メンバーの半数以上が既婚者となりました。
 

コメント欄では「大事な大事な結婚発表までも熊して(※編注:ネタばれ)しまう虫眼鏡、これからも一生推すぜ」「東海オンエアは全員彼女や妻や家族が大好きで大事に思っているのがとても良い」「取られたくないって心から好きなれる人に出会えて、そんな人と結婚までいけるのって本当にすごい事」と、「本当に心の底から嬉しくて」と多くのファンが虫眼鏡さんの結婚を祝福しています。
 


虫眼鏡さんは4月10日に個人チャンネル「虫眼鏡の放送局」で『虫眼鏡結婚SP』を配信。プロポーズの際の7日に放送された「東海オンエアの控え室」での話をより深堀りしたエピソードを披露しました。
 

配信内で虫眼鏡さんは、妻の姓に変更したことも報告し、「恋人の延長というか」「まだ普通にラブラブ」と恋人気分が抜けないと話しつつ、「悪いことしないどこう」「浮気できねぇなぁ」「バレた時のヤバスが今までとは段違い」と話すなど、夫としての自覚も少しずつ芽生え始めているようです。
 

また、プロポーズの言葉は「YouTuberの嫁さんになるってのはすごくきっと大変なことだと思う」「たくさん迷惑をかけてしまうと思うけど それ以上に楽しいこととか面白いこととか幸せにできるように頑張るからこれからも一緒にいてほしいな」的な言葉だったと言う虫眼鏡さんですが、妻からは「言ってないよ」とガチで言われたとのこと。プロポーズの際、2人とも酔っぱらっていて、実際に「何て言ったか覚えてない」とサブチャンネルの動画でも話していました。
 

ほかにもファンから贈られてうれしい結婚祝いや、妻の姓に変えた理由などを赤裸々に語っています。結婚したことで「サボるようになったよな 手抜くようになったよな」と思われないよう、「今まで以上に頑張んなきゃいけないな」「かぶとの緒を締め直す気持ちでおります」と動画内で語っていた虫眼鏡さん。大切な家族が増えて、これからますます東海オンエアを盛り上げてくれることを、期待したいですね!
 


>次ページ:関連投稿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
東海オンエア、暴露された「女性問題」で“鉄の掟”を破った?! てつや「虫眼鏡は脱退させない」と発表
東海オンエア・てつや、峯岸みなみと結婚! 「高校1年生の頃テレビ越しに一目惚れした方」と片思いを実らせる
東海オンエア・準レギュラー“プロラグビー選手”、てつやの恋人・峯岸みなみとツーショット公開! 「彼氏面してんな」
高校生が今1番好きなYouTuberランキング! 2位「東海オンエア」「レイクレ」を抑えた1位は?
「好きなYouTuber」ランキング! 「東海オンエア」「はじめしゃちょー」を抑えた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ