好きなジャニーズタレントが出演する「バラエティ番組」ランキング! 2位は村上信五の『月曜から夜ふかし』、1位は?

多くのバラエティ番組には、ジャニーズ事務所に所属するタレントが出演しています。冠番組を持つタレントも存在し、お笑い芸人にはない魅力を見せています。今回は、好きなジャニーズタレントが出演しているバラエティ番組の人気ランキングを紹介します。

All About編集部は3月6~20日、全国10~70代の333人を対象に「ジャニーズタレント出演のテレビ番組」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「好きなジャニーズタレントが出演しているバラエティ番組」のランキングを紹介します。
 

>20位までの全ランキング結果を見る
 

3位:ザ!鉄腕!DASH!!(出演:TOKIO)

日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』(画像出典:公式Webサイト

3位にランクインしたのは、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)です。1995年11月から放送している長寿番組で、TOKIOのメンバーが活躍しています。
 

これまでも多くのジャニーズタレントが出演してきた番組で、現在も森本慎太郎さん(SixTONES)、草間リチャード敬太さん(Aぇ! group)などが企画に参加しています。「出張DASH村」「DASH島」「0円食堂」など人気企画が多く、日本テレビを代表するバラエティ番組として愛されています。
 

回答者からは「何をするにしても忍耐強くやっていると思うから」(30代男性/富山県)「おじさんになった彼らも面白い」(30代女性/福岡県)「TOKIOのメンバーたちの仲の良さが伝わるシーンが印象的」(40代男性/埼玉県)などの声が寄せられました。
 

2位:月曜から夜ふかし (出演:村上信五/関ジャニ∞)

日本テレビ系『月曜から夜ふかし』(画像出典:公式Webサイト

2位は『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)です。2012年4月にスタートした番組で、関ジャニ∞の村上信五さんとマツコ・デラックスさんが司会を長く担当。2人の相性も抜群で、アイドルとは思えないほどに村上さんがマツコさんにイジられ、笑いを生み出しています。
 

現在は、毎週月曜日の22時から放送中。これまで番組には個性豊かな出演者が登場し、実演販売で記録的な売り上げをほこる「レジェンド松下」さんや、株主優待で暮らす棋士の「桐谷広人」さんなどが人気を集めています。
 

回答者からは「頭の回転が速いから、ツッコミが的確で面白い」(30代女性/山口県)「村上とマツコの掛け合いが凄くいい」(50代女性/埼玉県)「村上くんの素が見れてる気がするから」(40代女性/兵庫県)などの声が寄せられました。
 

1位:ニノさん(出演:二宮和也/嵐、菊池風磨/Sexy Zone)

見事に1位を獲得したのは『ニノさん』(日本テレビ系)でした。2013年4月に番組がスタートし、現在は毎週日曜日の10時25分から放送しています。二宮和也さんの冠番組で、後輩の菊池風磨さんがレギュラーとして出演中。YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」でも共演する仲良しの2人が、抜群のコンビネーションで番組を作り上げています。
 

旬のゲストが登場し、毎回番組オリジナルの企画を展開。肩の力が抜けている二宮さんを見ることができ、脱力系バラエティ番組として人気を獲得しています。
 

回答者からは「いじり系で2人の掛け合いが面白いからそこが魅力」(30代女性/神奈川県)「菊池風磨がいたらそれだけで面白い。話が上手い」(20代女性/広島県)「二宮君がリビング感覚でとても楽しく収録している感じがする」(40代女性/福島県)などの声が寄せられました。
 

>20位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「演技がうまいと思うジャニーズタレント」ランキング! 3位「木村拓哉」、2位「岡田准一」、1位は?
「好きなジャニーズタレント」ランキング! 3位「木村拓哉」、2位「堂本剛」、1位は?
「結婚に驚いた歴代ジャニーズ」ランキング! 3位 二宮和也、2位 櫻井翔、1位は?
好きなジャニーズタレントが出演する「情報番組」ランキング! 1位は中丸雄一の『シューイチ』、2位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは