「好きなジャニーズタレント」ランキング! 3位「木村拓哉」、2位「堂本剛」、1位は?

アイドルから俳優まで、幅広い世代のタレントが所属している「ジャニーズ事務所」。All About編集部は2月13~23日、全国10~60代の500人を対象に「ジャニーズタレント」に関するアンケート調査を実施しました。「好きなジャニーズタレント」ランキングで1位に選ばれたのは?

堂本剛さん(画像出典:プレスリリース)
堂本剛さん(画像出典:プレスリリース

アイドル活動だけでなく、俳優業やバラエティ番組の司会などさまざまな場面で活躍している「ジャニーズタレント」たち。どのタレントも人気が高いですが、誰が最も支持を集めているのかは気になるところ。
 

All About編集部は2月13~23日、全国10~60代の500人を対象に「ジャニーズタレント」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「好きなジャニーズタレント」のランキングを紹介します。
 

>30位までの全ランキング結果を見る

 

3位:木村拓哉

第3位には、「木村拓哉」さんがランクイン。1991年にSMAPのメンバーとしてCDデビューし、数多くのヒット曲を発表。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)などのテレビ番組に出演し、国民的な人気を獲得します。個人では、『ロングバケーション』『ラブジェネレーション』(共にフジテレビ系)、『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』(TBS系)など、高視聴率を記録したドラマで主演を担当。現在も俳優、歌手として活躍し、2023年4月からはフジテレビ系で連続ドラマとして放送される『風間公親-教場0-』で主演を務める予定です。
 

「全てがカッコ良い」(愛知県、40代女性)、「世代が同じで今も活躍されてるから」(大阪府、40代男性)、「年を重ねるごとに色気があるから」(東京都、20代女性)などの回答が寄せられました。
 

2位:堂本剛(KinKi Kids)

第2位には、「堂本剛」さんがランクイン。ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)などで俳優として人気を獲得し、1997年にKinKi KidsとしてCDデビュー。デビュー曲から大ヒットを記録し、現在までトップアイドルとして高い人気を誇ります。俳優として数多くの映画やドラマに出演しながら、2002年には「堂本剛」名義でソロデビュー。「ENDRECHERI」など、さまざまなプロジェクトを成功させ、ミュージシャンとしても高い評価を得ます。

「ジャニーズ内でも唯一無二の存在です」(千葉県、20代女性)、「歌が上手。金田一少年の事件簿の印象が強いです」(茨城県、40代女性)、「昔からの安定感があるから」(東京都、40代女性)などの回答が寄せられました。

 

1位:平野紫耀(King & Prince)

多くのジャニーズタレントの中で1位に輝いたのは、「平野紫耀」さんでした。King & Princeのメンバーとして、2018年にCDデビュー。個人としては俳優業が好調で、映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』や、ドラマ『クロサギ』(TBS系)などで主演を務めました。また、バラエティ番組では天然キャラで人気を集め、幅広い世代から支持を得ています。

「イケメン、優しい、面白い、最強」(北海道、20代女性)、「外見がタイプで内面も天然で可愛らしいから」(長崎県、20代女性)、「演技が上手い、かっこいい」(愛知県、30代女性)などの回答が寄せられました。


>30位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
新生活を一緒に過ごしたい「ジャニーズタレント」ランキング! 3位「目黒蓮」、2位「相葉雅紀」、1位は?
「すべてがイケメンだと思うジャニーズタレント」ランキング! 3位「目黒蓮」、2位「平野紫耀」、1位は?
絶対に退所しないでほしい「ジャニーズタレント」ランキング! 「KinKi Kids」の2人を抑えた1位は?
「演技がうまいと思うジャニーズタレント」ランキング! 3位「木村拓哉」、2位「岡田准一」、1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応