2.5次元を超えた!? 話題の舞台『鋼の錬金術師』一色洋平・廣野凌大・平松來馬が熱く宣言「今年一番!」

累計部数8000万部超の世界的ベストセラー『鋼の錬金術師』がついに舞台化! 3月8日の開幕(大阪、東京は17日から)の開幕に先駆けて、主人公を演じる一色洋平さん、廣野凌大さん(Wキャスト)と、敵役を演じる平松來馬さんに手ごたえを取材しました。

世界的ベストセラー『鋼の錬金術師』舞台化!

2001年の連載開始から話題を集め、累計部数8000万部超の世界的ベストセラーとなった人気漫画『鋼の錬金術師』。これまでもテレビアニメ、アニメ映画、ゲーム、実写映画とさまざまに展開されてきた本作がついに舞台化、3月8日に大阪、17日に東京で開幕します。

(左から)廣野凌大 近作に『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage、ワールドトリガー the Stage等。Bimi名義でアーティスト活動も行っている。平松來馬 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン、『春のめざめ』等の舞台、大河ドラマ『青天を衝け』、映画『Daughters』等、幅広く活躍している。一色洋平 ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳』、音楽劇『クラウディア』、舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち等、舞台を中心に活躍。撮影:松島まり乃

原作を知る人は、壮大な世界観と錬金術を駆使したバトルアクションが特色の“あの”「ハガレン」を舞台化できるのか?と思われるかもしれませんが、今作はむしろ“舞台だからこそ”の魅力にあふれたものとなる模様。稽古終盤、“早くお客さまに観てほしい!”と開幕が待ちきれない主人公、エドワード・エルリック役(Wキャスト)の一色洋平さん、廣野凌大さんと、エドワード達の前に立ちはだかる敵の一人であるエンヴィー役・平松來馬さんに、手ごたえをうかがいました。
 

>3人のアザーカットも!

【あらすじ】舞台は錬金術の盛んな国家・アメストリス。国家錬金術師の資格を持つ少年エドワード(エド)とその弟アルフォンス(アル)は、亡くなった母を生き返らせようと“人体錬成”を試みるが失敗。エドは左脚と右腕を、アルは肉体の全てを失い、魂を鎧に宿すことに。失った身体を取り戻すため、兄弟は旅を始める……。

8時間がかり(!)の最終審査を乗り越えて

「オーディションがまず、すごかったんです」というのはエド役の一人、廣野凌大さん。もう一人のエド役である一色洋平さんも「かなり珍しいオーディションで、がむしゃらに取り組みました」と振り返ります。今回、オーディションは数カ月に渡って丁寧に行われ、最終審査はなんと8時間がかりだったそう。
 

廣野凌大(以下・廣野)「普通、オーディションと言えば、ずらりと並んだ審査員の前で一人ずつちょっと歌ったりせりふを言ったり……というのを想像するじゃないですか。でも今回は、部屋に入るとエド役とアル役の候補が何人かずつ、そして審査側は(脚本・演出の石丸)さち子さんが一人。その場で即、稽古みたいなことになって、いくつかのシーンを創っていきました」

舞台『鋼の錬金術師』エドワード(廣野凌大)

石丸さち子さんと言えば、日本の演劇界の巨匠・蜷川幸雄さんのもとで修業し、ストレート・プレイからミュージカルまで、多彩な演目で活躍する演出家。蜷川さんゆずりの、ダイナミックで“熱い”演出で知られます。
 

廣野「いろんな指示をいただいて、濃密な8時間でしたね。要求に応えることができる、クリエイティブな人間が求められているんだなと感じました」
 

平松來馬(以下・平松)「僕はエドのオーディションのような形ではなかったのですが、それでもはじめに石丸さんとリモート面談の場が設けられて、いくつかせりふを渡されていたので覚えて行ったら、大画面越しに石丸さんの物すごいエネルギーが伝わってきて。“次、こういうニュアンスでやってみて”といきなり稽古になってしまって(笑)、“負けたくない!”と燃えました」

舞台『鋼の錬金術師』エンヴィ(平松來馬)

廣野「そういう連中が集まっているので、変態ばかりの座組なんです」
 

平松「翻訳しますと、“個性豊かな方々”です(笑)」
 

>次ページ:全員が「俺を見ろ!」という演技で魅せる
 

【おすすめ記事】
『鋼の錬金術師』の「最強だと思うキャラ」ランキング! 1位「エドワード・エルリック」、2位、3位は?
『鋼の錬金術師』好きなセリフ・名言ランキング! 2位「いや、雨だよ(ロイ・マスタング)」、1位は?
『鋼の錬金術師』の「彼氏にしたいと思うキャラ」ランキング! 2位 アルフォンス・エルリック、1位は?
映画『スラムダンク』で注目される「無音演出」。あえて“セリフなし”の無音シーンが重要な作品を厳選
「予告詐欺」な映画とは? コナンやしんちゃん…良い意味で本編とギャップがある“歴史的な予告編”を考察

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性