「漫画村」創設者・星野ロミ氏、収容された“ビクタン収容所”で青汁王子も驚愕の『1500万円』稼いだ方法とは?

青汁王子こと実業家の三崎優太さんが2月1日、「漫画村」創設者の星野ロミさんをゲストに迎えた動画を公開。星野さんも収容された「ビクタン収容所」での生活などを語りました。

青汁王子こと実業家の三崎優太さんが2月1日、自身のYouTubeチャンネル「三崎優太 青汁王子」を更新。連続強盗事件の主犯格で7日に日本へ強制送還された“ルフィ”などと名乗る今村磨人容疑者、藤田聖也容疑者らが収容されていたフィリピンの「ビクタン収容所」に自身も収容された経験を持つ「漫画村」創設者の星野ロミさんをゲストに迎え、星野さんが撮影した画像とともに収容所内での生活について語りました。

 

>>前編:「『ビクタン収容所』の実態」はこちら
 

「フィリピンに入るのもトラウマ」と語る星野さん

画像出典:三崎優太 青汁王子
 

Webサイトなどを作る仕事をしていた星野さんは、収容所の中から販売して1500万円を稼いだと明かしました。売上金の入手経路はビットコインや、賄賂を払えば所内にお金を「持ってくることもできる」と言います。その売上金で好きな物を出前したりと「毎日グルメを楽しんで人生を謳歌(おうか)してました」と話す星野さん。それでも同所には「絶対に戻りたくない」「フィリピンに入るのもトラウマ」と動画の後半で語っています。
 

画像出典:三崎優太 青汁王子


また、賄賂を払えば同所を脱出できたのか、という点について現地を訪れた星野さんの母親は、漫画村が「こんな大騒ぎにならなかったら出してあげられた」と弁護士に言われたと話し、もしニュースなどで大きな騒動になっていなければ「1000万とかあればいけた」と賄賂の実態も話しました。
 

画像出典:三崎優太 青汁王子


さらに星野さんと母親によると同所の衛生状態が悪く、脚を切断した人もいたと言い、「お金がないと病院に行くこともできない」と、過酷な状況も訴えています。
 

画像出典:三崎優太 青汁王子


現在、収容されている人物ともつながっているという星野さんは、同所の現状についてある程度は警戒状態になっているとしつつも、「すぐにまたスマホが手に入るんで」「お金さえ払ったらいつも通り」とのこと。
 

星野さんの話を聞いた三崎さんは、「社会問題」「こんなこと許されちゃいけない」と連続強盗事件について強い批判とともに、「少しでも多くの人に知ってもらって」「みんなが考えることでなんか少し動いていくんじゃないかなと思う」と動画を締めくくりました。
 

コメント欄では「こういう意義深い回をどんどん配信してもらいたい!」「幼少期にフィリピンに住んでましたが、本当変わらないです。貧困がそうさせてる」「日本だけでなく世界も変わらないと終わらない負の構造が良く解りました」と大きな反響を呼んでいます。
 



>次ページ:三崎さん&星野さんの投稿をもっと見る
 


【おすすめ記事】
「漫画村」創設者・星野ロミ氏、連続強盗事件の犯人らが収容された「ビクタン収容所」実態を語る「金が全て」「汚職が塗れた施設」
コレコレ、「日本の闇」大久保公園の“立ちんぼ”実態に迫る。「警察なんとかしてほしい」「同じ日本とは思えない」と話題に
「#スシローを救いたい」声援に社長がTwitterで声明発表「涙がでるぐらい感謝の気持ち」 レペゼン・DJ社長も加勢
「令和の虎」降板が発表された竹之内社長、謝罪したガーシーから「ここから先は手助けに回る」DJ社長も『救いたい』動画で援護

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】