20年前に買った「ロレックス」はいくらで売れる? 腕時計を高く売るコツを「なんぼや」鑑定士に聞いた

高級腕時計をブランド買取店に売る場合、高く売るコツはあるのでしょうか。ブランド買取店「なんぼや」の鑑定士、廣沼翼さんにお聞きしました。

ブランド買取「なんぼや」(宇都宮パセオ店)

ブランド品を「メルカリ」などのフリマアプリではなくブランド買取店で売る場合、高値を付けてもらうためのコツはあるのでしょうか。ブランド買取店「なんぼや」の鑑定士、廣沼翼さんにお聞きしました。今回は20年前のロレックスを査定してもらいながら、お話を伺います。
 

20年前に買ったロレックス、いくらで買い取ってもらえる?

約20年前に買ったロレックス


ブランドの腕時計と聞いて、真っ先に思い浮かべるのはロレックスかもしれません。筆者も20年前に「ロレックスなら間違いない」と夫に言われて、一緒に購入しました。夫としてはブランド価値があるし、一生使える腕時計という意味合いだったのでしょう。夫は「エアキング 14000」を、筆者は「オイスターパーペチュアル」を買いました。金額は、はっきりと覚えていないのですが、2つで60万円ほどだったように思います。
 

・ロレックス「エアキング 14000」を査定してもらった

鑑定士の廣沼翼さんが「エアキング 14000」を査定

まずは「エアキング 14000」から査定してもらいました。最初に傷などをチェックしていきます。
 

ロレックスの場合、必ず型番とシリアルナンバーが刻印されています。ブレス部分を外して確認していました。現在(取材時の2023年1月時点)、中古の「エアキング 14000」がいくらで販売されているのかを調べると、相場が52〜53万円であることが分かりました。
 

この日査定してもらった買い取り価格は、35〜40万円。20年使っているものの、購入した当時よりも少し下がる程度になっています。
 

・続いて、ロレックス「オイスターパーペチュアル」を査定

次は「オイスターパーペチュアル」です。中古の場合30万円ほどで販売されているので、なんぼやさんでの買い取りは約20万円でした。20年前に購入したときは、20〜25万円ほどだったと記憶していますから、中古であっても購入時とあまり変わらない金額で買い取ってもらえるようです。
 

>次ページ:腕時計を高く売るためのポイント

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】