2024年卒「就職人気企業ランキング」で33位からジャンプアップ! 人気が急上昇した企業の実名

学情が発表した「2024年卒 就職人気企業ランキング」、3位は講談社、2位は任天堂、1位は伊藤忠商事でした。今回は過去2年間も含めたコロナ禍3年分のデータから、人気の就職企業の変化なども調査しています。

2024年卒のランキングで一気にランクアップした企業は?(※画像はイメージ)

学情は、「就職人気企業ランキング」のコロナ禍3年間分のデータから、就職人気企業の傾向を比較しました。

その結果、2020年は食品関連やイオングループといった巣ごもり需要を支える企業が上位だった一方、2022年の調査では、旅行やレジャー関連が回復の兆しにあることなどが判明。2021年の33位から一気に9位までジャンプアップした企業もあったようです。



>各年の10位までのランキング結果を見る

 

コロナ禍は食品やスーパーなど「巣ごもり需要」を支える企業が人気

2020年に調査した「2022年卒 就職人気企業ランキング」を見ると、1位は「伊藤忠商事」(商社)が獲得。2位は「味の素」、3位は「アサヒ飲料」と食品業界がランクインしています。


2021年調査の2023年卒版でも「伊藤忠商事」が1位を獲得。2位は「講談社」(マスコミ)、3位は「集英社」(マスコミ)と大きく変化しています。食品業界は、4位に「アサヒ飲料」、6位に「味の素」、8位に「ロッテ」という結果に。2020年に5位だった「資生堂」(医療品・化粧品・日用品)は2021年には10位まで順位を落としています。

 

1位は5年連続で「伊藤忠商事」が獲得! 就職人気企業の変化は?

2022年に調査した「2024年卒 就職人気企業ランキング」でも「伊藤忠商事」が1位をキープ。2位以下を見ると、2021年調査で8位にランクインしていた「ロッテ」が10位圏外となり、代わりに「オリエンタルランド」(レジャー・アミューズメント)が33位から一気に9位に浮上しています。


またこれまで2年間、5〜6位につけていた「任天堂」(スポーツ・ゲーム・その他メーカー)が2位にランクインしており、講談社や集英社といった企業も合わせると、屋内外で楽しめるエンタメ関連企業の人気が高まっていることが分かりました。


>各年の10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「平均残業時間の少ない職種」ランキング! 3位 営業事務アシスタント、2位 美容関連職、1位は?
「平均残業時間の多い職種」ランキング! 3位「施工管理」を抑えた同率1位は?
旧帝大・早慶の24卒「就職人気企業」ランキング! 3位 伊藤忠商事、2位 三井物産、1位は?
就職人気企業ランキング過去10年分を比較! 毎年TOP10入りし続けた唯一の企業は?


【関連記事】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化