就職人気企業ランキング過去10年分を比較! 毎年TOP10入りし続けた唯一の企業は?

学情は「就職人気企業ランキング」の過去10年分の調査結果を比較しました。10年前は金融や商社、2010年代後半は航空や旅行関連企業が人気でしたが、2020年代前半はコロナ禍もありランキングの顔ぶれも大きく変化しています。10年間TOP10入りし続けた企業は?

学情は、同社が実施している「就職人気企業ランキング」の過去10年分の調査結果を比較。本調査は、就職活動を控えた全国の大学3年生と大学院1年生を対象に実施されるもので、毎年TOP10入りする企業は、その年のトレンドを表す人気企業として注目されます。

今回対象となったのは、2014~2023年卒分の調査です。早速結果を見ていきましょう。
 

10年前は金融や商社が人気

10年前にあたる2014年卒のランキングTOP3は、3位「JTB」、2位「三菱東京UFJ銀行(現:三菱UFJ銀行)」、1位「伊藤忠商事」でした。TOP10には、商社が3社、金融が2社ランクインしています。
 
2014年卒(プレスリリース画像のみを抜粋)
2014年卒(プレスリリース画像からTOP3のみを抜粋)

2015年卒のランキングは、3位「ANA」、2位「オリエンタルランド」、1位「JTB」という結果に。顔ぶれは大きく入れ替わり、商社や金融関連の代わりに旅行関連がランクインしてきています。
 
2015年卒(プレスリリース画像よりTOP3のみを抜粋)
2015年卒(プレスリリース画像よりTOP3のみを抜粋)
 

航空や旅行関連企業が人気だった2016〜2019年

2016〜2019年卒までを見ると、4年連続で「ANA」が1位を独占。2017年からは「JAL」もTOP3にランクインしてきており、航空や旅行関連が強い時期でした。食品関連の企業も徐々に増え、2019年卒ではTOP10内に4社ランクインしています。
 
2016〜2019年卒(プレスリリース画像よりTOP3のみを抜粋)
2016〜2019年卒(プレスリリース画像よりTOP3のみを抜粋)

代わりに商社や金融はランク外となっており、2018〜2019年卒ランキングで残っているのは「伊藤忠商事」のみ、金融は姿を消しています。
 

コロナ禍の影響もありランキングは大きく様変わり! 10年間TOP10入りし続けた企業は?

直近にあたる2020〜2023年卒を見ると、4年連続で「伊藤忠商事」が1位となっています。10年間TOP10入りし続けた企業は伊藤忠商事のみでした。食品関連企業も引き続き人気が高く、毎年2〜3社ランクインしています。
 
2020〜2023年卒(プレスリリース画像よりTOP3のみを抜粋)
2020〜2023年卒(プレスリリース画像よりTOP3のみを抜粋)

そのほかでは、医薬品関連企業の「資生堂」も2020年を除く全てでランクイン。出版社や印刷業も上位にランクインしてきています。コロナ禍の影響か、大手スーパーの「イオングループ」が直近2年でTOP10入りしているところも印象的です。

2010年代中盤〜後半、そして2020年代前半の「就職人気企業ランキング」、時期によってトレンドとなる企業が大きく変わっていることが分かりました。


>次ページ:2014〜2023年卒、それぞれの年のTOP10全結果


【おすすめ記事】
23年卒版「一流ホワイト企業ランキングTOP100」が決定! AmazonやMetaを上回る1位は?
「隠れ優良ホワイト企業」ランキングTOP3! コロナ禍でも安定の中堅企業、2位は「日置電機」、1位は?
2023年卒調査「理系の就職人気企業」ランキング! 3位「アサヒ飲料」、2位「旭化成」、1位は?
2023年卒「女性の就職人気企業」ランキング! 2位は電子コミックが好調な「講談社」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」