「復活してほしいクイズ番組」ランキング! 3位『クイズダービー』、2位『マジカル頭脳パワー!!』、1位は?

All About編集部は2022年12月15〜29日、全国20〜70代の男女188人を対象に、「クイズ番組に関するアンケート」を実施。その中から、「復活してほしいクイズ番組」ランキングを発表します。3位『クイズダービー』、2位『マジカル頭脳パワー!!』を抑えた1位は?

家族や友人と一緒に楽しんだあのクイズ番組、もう1度観たいなと思ったことはないでしょうか。
 

All About編集部は2022年12月15〜29日、全国20〜70代の男女188人を対象に、「クイズ番組に関するアンケート」を実施しました。その結果から、今回は「復活してほしいクイズ番組」ランキングを発表します。

画像出典:公式サイト

第3位:クイズダービー

3位は、『クイズダービー』でした。TBS系列で1976年から1992年まで放映されていた人気番組で、解答者を競馬の出走馬に見立て、正解しそうな解答者に自分の持ち点を賭けていくというもの。パーフェクトに近い正解率を誇るはらたいらさんや、「三択の女王」と呼ばれた竹下景子さんといった名物解答者も多く輩出し、最高視聴率は30%以上を記録しました。
 

選んだ人のコメントを見ると、「クイズと言ったらクイズダービーかなと。昭和の化け物番組だと思うから(埼玉県/40代女性)」や「子供の頃よく見ていたから(埼玉県/40代女性)」といった声が寄せられています。
 

第2位:マジカル頭脳パワー!!

2位には、『マジカル頭脳パワー!!』がランクイン! 日本テレビ系列で1990年から1999年まで放映されていたクイズバラエティ番組です。推理クイズやパズルクイズなど、シンプルでカジュアルな問題が人気を博し、中でもリズムに合わせて答える「マジカルバナナ」は、実際に遊んだことがある人も多いのでは?
 

コメントを見ると、「小学生の頃大ハマりして、学校でも友達と遊んだ記憶があるため(埼玉県/30代男性)」や「記憶に残る楽しい番組だったから(東京都/30代女性)」といった声がありました。
 

第1位:クイズ!ヘキサゴン

1位は、『クイズ!ヘキサゴン』が選ばれました! 2005年に終了したフジテレビ系列の人気クイズ番組です(後継番組の『クイズ!ヘキサゴンII』が2011年まで放送)。18人の解答者が6人1チームに分かれ、さまざまな問題に挑戦します。解答者の中でも常連メンバーは、「ヘキサゴンファミリー」と呼ばれ、メンバー同士の結婚やオリジナルユニット結成など、番組外でも話題となりました。
 

コメントを見ると、「おバカタレントの珍解答が面白かった(神奈川県/30代女性)」や「バラエティ番組としての要素が強く、面白かったから(東京都/20代男性)」、「出演者さん達が家族のように楽しそうで見ていて楽しかった(熊本県/20代女性)」など、キャストの珍回答や和気あいあいとした雰囲気が人気の秘密だったようです。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
好きな「クイズ番組で活躍するタレント」ランキング! 3位「伊沢拓司」、2位「宇治原史規」、1位は?
「好きなクイズ番組の司会者」ランキング! 3位「浜田雅功」、2位「さまぁ~ず」を抑えた1位は?
「勉強になると思うクイズ番組」ランキング! 2位の『世界・ふしぎ発見!』を抑えた1位は?
「好きなクイズ番組」ランキング! 3位『ネプリーグ』、2位『芸能人格付けチェック』、1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も