“日本一熱い”幻の「鍋焼きラーメン」が、新横浜ラーメン博物館の高知・須崎「谷口食堂」で復活!

新横浜ラーメン博物館(ラー博)は2024年の30周年に向け「あの銘店をもう一度」プロジェクトを実施中。過去に出店した約40店舗の銘店が、2年間かけ3週間のリレー形式でラー博に再出店します。第10弾(1月10日~1月30日)は高知・須崎「谷口食堂」です。

高知・須崎「谷口食堂」鍋焼きラーメン
高知・須崎「谷口食堂」鍋焼きラーメン(2013年撮影)

新横浜ラーメン博物館(以下、ラー博)は2024年に迎える30周年に向けて、7月1日から「あの銘店をもう一度」プロジェクトをスタート。過去に出店したことのある約40店舗の銘店が2年間かけリレー形式でラー博に出店します。
 

1月10日~1月30日の第10弾は、高知・須崎「谷口食堂」が出店。日本一熱いご当地ラーメン「鍋焼きラーメン」が味わえます(画像はすべて提供)。

 

高知・須崎のご当地ラーメン「鍋焼きラーメン」とは

2013年当時の外観
2013年当時の外観

高知・須崎のご当地ラーメン「鍋焼きラーメン」の歴史は古く、戦後まもなく開店した「谷口食堂」にさかのぼります。店主の谷口兵馬(たにぐちひょうま)さんが出前のラーメンが冷めないようにホーロー鍋を使ったことが始まりです。
 

当時は「鍋焼き中華そば」という名称で「鍋中(なべちゅう)」と呼ばれ愛されていましたが、1980年に後継者不在のため惜しまれながら閉店しました。
 

「谷口食堂の『鍋中』をもう一度食べたい!」と願う人が多いことから、「谷口食堂」の味を目指して「鍋焼きラーメン」を提供するお店が増え、鍋焼きラーメン文化がいまに受け継がれています。
 

ラー博へは、須崎商工会議所を中心とした有志団体『須崎名物「鍋焼きラーメン」プロジェクトX』が「谷口食堂」の幻のレシピを復活させ、2013年1月26日~4月7日の間、出店しました。
 

今回も伝説の「谷口食堂」の「鍋焼きラーメン」が期間限定で復活します。

 

「鍋焼きラーメン」は日本一熱いご当地ラーメン

谷口食堂の鍋焼きラーメン(2013年撮影)
谷口食堂の鍋焼きラーメン(2013年撮影)

高知・須崎の「鍋焼きラーメン」の特徴は鍋に入った熱々の状態で提供するスタイル。どのくらい熱々かというと、2013年にラー博が札幌、東京、博多それぞれのラーメンの温度と比較した実験では、提供直後の温度は97.1℃でダントツの1位だったとのこと。その結果、日本一熱いご当地ラーメンといっても過言ではない、という結論に至りました。
 

親鳥ガラのスープ

スープは親鳥のガラ、野菜類を炊きこんだ、やや甘みのある味わいです。醤油だれに使用する醤油は、地元・丸共味噌醤油醸造場の濃い口正油を使用。
 

関西麺業のストレート細麺

麺も地元・関西麺業のストレート細麺。もちもちした食感で、ほんのりとした甘みもあります。鍋焼きラーメン用ということもあり、伸びにくい麺となっています。
 

箸休めの古漬け(たくあん)

具材は親鳥の肉、ざく切りにした青ネギ、生卵、そして地元・けんかまのちくわ。箸休めに古漬け(たくあん)がついているのも特徴です。

 

「鍋焼きラーメン」の楽しみ方

鍋焼きラーメンは「生卵」が入っていることにより、楽しみ方が広がります。

ふたを器代わりにして生卵の黄身を麺につけて食べる「すき焼き風」
ふたを器代わりにして生卵の黄身を麺につけて食べる「すき焼き風」
生卵を割ってスープとのマリアージュを楽しむ「玉子くずし」
生卵を割ってスープとのマリアージュを楽しむ「玉子くずし」
生卵を熱々のスープに沈め固めてから食べる
生卵を熱々のスープに沈め固めてから食べる
ほとんどの方がごはんも一緒にオーダーするとのこと。香りのあるお米「仁井田産の香り米」を使用
ほとんどの方がごはんも一緒にオーダーするとのこと。香りのあるお米「仁井田産の香り米」を使用

今回もラー博の出店期間が終了すると、また「幻」のラーメンとなります。寒い時期におすすめの鍋焼きラーメン、ぜひ味わってみてください。
 

「あの銘店をもう一度“銘店シリーズ”」第11弾は博多とんこつ「麺の坊 砦(とりで)」です。
 

「あの銘店をもう一度」情報

期間:2022年7月1日~約2年間(銘店シリーズ各店舗約3週間)
場所:新横浜ラーメン博物館
期間中出店数:約40店舗(現店舗除く)
“94年組”第1弾:目黒「支那そば 勝丸」11月7日~翌2月26日(予定)
第9弾:青森「八戸麺道 大陸」12月16日~翌1月9日
第10弾:高知・須崎「谷口食堂」1月10日~1月30日
第11弾:博多とんこつ「麺の坊 砦」1月31日~2月20日
URL:https://www.raumen.co.jp/
 

【おすすめ記事】
幻のラーメンが新横浜ラーメン博物館に20年ぶりに復活! 「八戸麺道 大陸」佐野実氏との想いを繋ぐ味
新横浜ラーメン博物館で「あの銘店をもう一度“94年組”」始動! 創業メンバーが3カ月ごとに出店
新横浜ラーメン博物館「あの銘店をもう一度」プロジェクトが7月1日始動! トップバッターは和歌山「井出商店」
新横浜ラーメン博物館の楽しみ方を徹底解説! おすすめメニューは?
ラー博が新事実を発表!室町時代にラーメンが存在していた!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても