ガンダム、ナウシカ、スタジオジブリの誕生から現在まで。展覧会「アニメージュとジブリ展」開催【1月3日~23日】

スタジオジブリの原点を振り返る展覧会「アニメージュとジブリ展」が、1月3~23日に松屋銀座で開催。2023年の幕開けを飾るにふさわしい興味深い展示が見られます。今回は、展覧会の模様を展示の写真を交えながらご紹介!

銀座にネコバスがやって来ました。乗って撮影も可能(C)Studio Ghibli

スタジオジブリの原点を振り返る展覧会「アニメージュとジブリ展」が、1月3~23日に松屋銀座で開催。2023年の幕開けを飾るにふさわしい興味深い展示が見られます。

今回は、展覧会の模様を展示の写真を交えながらご紹介。もちろん、展覧会オリジナルグッズやカフェメニューも魅力たっぷりです。2023年のスタートはジブリから!
 

創る人に焦点をあてた「アニメージュとジブリ展」

展覧会のオープニングイベントの様子(C)Studio Ghibli
オープニングイベントには、スタジオジブリのプロデューサーであり、雑誌『アニメージュ』(徳間書店)創刊時の編集者でもあった鈴木敏夫氏と、写真家で今回の展覧会のネコバスのキービジュアルを描いたカンヤダ・プラテン氏が登場。

鈴木氏は、『アニメージュ』創刊からアニメーション映画『風の谷のナウシカ』制作までのことを振り返り、「『アニメージュ』がそうだったように、この展覧会も“アニメーションを創っている人”に焦点をあてた展示になっている」と語ってくれました。

そう、『アニメージュ』こそ、作品だけでなく“人”に焦点を当てた最初の雑誌だったのです。
 
入口にあるキービジュアルの看板に2人のサインが(C)Studio Ghibli
オープニングイベントは、カンヤダ氏が展覧会で気になった写真を見ながら進められました。

展示は、『アニメージュ』の誕生からガンダムの時代、ナウシカの制作、そしてスタジオジブリの誕生から現在まで、時代をたどる形で展開。

それぞれの展示にこだわりとユーモアがあるので、じっくりと展示を読みながら、ゆっくりと見ることをおすすめします。「アニメーションを創る人のいろいろなことがわかって感動しました」とカンヤダ氏も語ってくれました。
キービジュアルのネコバスはカンヤダ氏によるものです(C)Studio Ghibli

では“人”に注目しながら、展示の概要を写真を追いながら紹介しましょう。
 

【展示1】アニメージュ誕生からガンダムの時代

まずは、1970年代の『アニメージュ』誕生前夜から、大ブームを巻き起こしたガンダムの時代まで。展示は基本的に時代順になっています。
 
『アニメージュ』編集部の午前1時の様子。ふきだしのコメントが楽しいんです。編集者の紹介も近くにあります(C)Studio Ghibli
 
『アニメージュ』誕生のきっかけとなった尾形英夫氏の紹介。鈴木敏夫氏いわく「すべての火付け役」だったようです(C)Studio Ghibli
 
鈴木氏の「文字校正統一マニュアル」。これ、同じ本に関わるものとして、ちょっと感動しました(C)Studio Ghibli
 
そしてガンダムの時代。ガンプラで名シーンを再現したジオラマもあります(C)Studio Ghibli
 
『アニメージュ』読者世代に人気だった『超時空要塞マクロス』関連資料の展示(C)Studio Ghibli
 
70~80年代のアニメ好き青年の部屋を再現。ガンプラやファミコン、ラジカセ、LPジャケットなど懐かしさ満点(C)Studio Ghibli
 
『アニメージュ』の電車中吊り広告がズラリ。奥には、ルパン三世が表紙の『アニメージュ』も(C)Studio Ghibli
 

【展示2】ナウシカができるまでとスタジオジブリ

ついに、『アニメージュ』が高畑勲、宮崎駿という、のちの名監督に出会います。そして、映画『風の谷のナウシカ』制作へ。この映画、『アニメージュ』が創ったんですね。その火付け役も尾形氏だったようです。
 
高畑勲氏に焦点をあてた展示。『じゃりん子チエ』や『赤毛のアン』など、初期の作品があります(C)Studio Ghibli
 
続いて、宮崎駿氏に焦点を当てた展示。『アニメージュ』で特集された記事などがあります(C)Studio Ghibli
 
メイキングオブ『風の谷のナウシカ』のコーナー。かなり詳しく当時の資料などを見ることができます(C)Studio Ghibli
 
ナウシカがそこにいるような造形コーナー。風使いの装束についての解説もあります(C)Studio Ghibli
 
奥にはオーム、そして朽ち果てた巨神兵の造形も(C)Studio Ghibli
 
『天空の城ラピュタ』の造形。赤い飛行機にはシータとパズーがいます(C)Studio Ghibli
 
スタジオジブリが誕生! 映画『天空の城ラピュタ』こそ、スタジオジブリ初のオリジナル作品です(C)Studio Ghibli

 

【展示3】フィナーレはジブリの歴史と“いま”

展示はいよいよフィナーレへ。『アニメージュ』の表紙展示に続いて、全ジブリ映画のポスターや記念撮影用のフォトスポット、そして最後は、カンヤダ氏が撮った、愛知県のジブリパークを訪れた宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーの写真、つまり“いま”のジブリです。
 
ジブリ作品が表紙になった大きな『アニメージュ』の前で記念撮影ができるフォトスポット(C)Studio Ghibli
 
『アニメージュ』の表紙、スタジオジブリ作品のポスター。どちらも、見る人それぞれに思い出がありそうです(C)Studio Ghibli
 
宮崎駿監督の最新作『君たちはどう生きるか』のポスターもあります(C)Studio Ghibli
 
写真集『KANYADA、ジブリパークをゆく』の写真。カオナシの横で微笑む宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサー(C)Studio Ghibli


「アニメージュとジブリ展」
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
会期:2023年1月3日(火)~23日(月)
時間:10時~20時(1月9・15・22日は~19時30分、最終日は~17時)※最終入場は閉場30分前
入場料:【前売】一般1300円、高校生800円、中学生600円、小学生400円【当日】一般1500円、高校生1000円、中学生800円、小学生600円 ※チケットは日時指定制。詳しくは公式サイト参照
公式サイト:https://animage-ghibli.jp/
 

どれも欲しくて困っちゃう展覧会オリジナルのグッズ

藍染めのトトロがひときわ目立つ展覧会のショップ(C)Studio Ghibli

展示場を出ると、そこには展覧会オリジナルの商品などが多数並ぶショップがあります。これがなかなか魅惑的。ほんの一部ですが、おすすめを紹介しましょう。
 
藍染め作家「BUAISOU」さんとのコラボによる作品。手ぬぐい「となりのトトロ」「風の谷のナウシカ」各7700円、「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」各8250円(C)Studio Ghibli
 
Tシャツ メインビジュアル(100/120cm)3520円、写真集『KANYADA、ジブリパークをゆく』1冊600円など(C)Studio Ghibli
 
オリジナルTシャツ「SKY HIGH」「Got it!」各1850円など(C)Studio Ghibli
 
オリジナルTシャツ「キキ ライトパープル」「Reaction」各3850円など(C)Studio Ghibli
 
オリジナルTシャツ「キキ ホワイト」3850円、スクエア型 アートデリ3850円、フリーカップ1450円など(C)Studio Ghibli
 
メガネケース1650円。「となりのトトロ」でメガネが印象的なお父さんと小トトロたちのデザイン
 
“コトバを身にまとう”をテーマにした、5108ネックレス各4180円
 
トトロの豆皿1320円。ほかに「魔女の宅急便」「天空の城のラピュタ」などのデザインもあります
 

展覧会のコラボカフェメニューも楽しめる

展覧会を実施している松屋銀座8階のレストランシティ内「MGカフェ」にて、展覧会のコラボカフェメニューを味わえます。
 
いなりとトトロ丼1430円。付け合わせは梅干し、海苔、漬物など(C)Studio Ghibli
 
グミチョコパンケーキ1540円。魔女の気分で(C)Studio Ghibli
 
元気になれそうなオムカレー(サラダ付き)1540円(C)Studio Ghibli
 
器いっぱいのクコの実紅茶880円(C)Studio Ghibli

「MGカフェ」コラボカフェメニュー
期間:2022年12月28日(水)~2023年1月23日(月)
時間:10時30分~21時LO(12月31日は~17時LO、1月2日は~19時LO、1月9・15・22日は~20時30分LO)
休み:2023年1月1日(日祝)


【おすすめ記事】
【ジブリ飯】憧れの「ラピュタパン」再現! とろっとした目玉焼きはどう作る? 市販&手作りパンで食べ比べ
好きな「日本のアニメ監督」ランキング! 「新海誠」「庵野秀明」を抑えた圧倒的1位は?
表現豊かで圧倒的な作家性! 作品が難解だと思うアニメ監督ランキング。「宮崎駿」を抑えた1位は?
お台場・実物大ユニコーンガンダム立像が冬季限定で「水星の魔女」カラーにライトアップ
まるで別世界! 首都圏のイルミネーションランキング 2位「さがみ湖イルミリオン」を抑えた1位は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性