「お正月にクジラ汁」「初詣の日にラーメン」地元の変わった年末年始の習慣は? 【北海道・東北編】

All About編集部は全国10~60代の男女200人に「地元の変わった年末年始の習慣」についてアンケート調査を実施。今回は、北海道・東北地方の回答をご紹介します!

地元の変わった年末年始の過ごし方、教えてください!
 

隣の県でもお雑煮の具が違うなど、地域によって年末年始の習慣はさまざま。皆さんの地元では、どう過ごしていますか?

「北海道・東北地方」の変わった年末年始の習慣とは?

All About編集部は全国10~60代の男女200人に「地元の変わった年末年始の習慣」についてアンケート調査を実施。今回はその中から、北海道・東北地方の回答をいくつかご紹介します!
 

大みそかにおせちを食べる(北海道)

「元旦ではなく、年末の大晦日におせちを食べます。北海道出身の私はそれが当たり前だと思っていたのですが、道外の友人に『おせち料理を元旦に食べずに、なんで大晦日に食べてしまうの?』ときかれ、初めて知りました(40代女性)」


旧暦の頃は日暮れが1日の始まりで、大みそかの夜が新年の始まりでした。その際に食べていた「年取り膳」という風習が元になっているそうです。

 

お正月にクジラ汁を食べる(北海道)

「クジラの皮の部分で作る、クジラ汁を、お正月に食べます。美味しいです!(40代女性)」
 

こちらの風習は、初春から始まるニシン漁の豊漁を祈願するため、ニシンを岸に追い込んでくれるクジラを正月に食べるようになったんだとか。
 

初詣の日にラーメンを食べる(山形)

「初詣の日は家族みんなでラーメンを食べる。ラーメンの消費量が日本一ということが関係していると思う(20代女性)」
 

山形は全国トップクラスのラーメン県。お客さんをもてなす出前としてラーメンを注文するなど、ハレの日に食べるものとしても定着しているようです。
 

あなたの地元の変わった年末年始の習慣は何ですか? 自分では当たり前でも、他県の人から驚かれることもあるかもしれません。
 

年末年始に集まる際に、ぜひ周りの人と話してみてはいかがでしょうか。


【おすすめ記事】
「耳の形をしたうどんを食べる」「人の少ない街中を楽しむ」地元の変わった年末年始の習慣は? 【関東編】
「大晦日にすき焼き」「謎のおみくじが入ったお菓子を食べる」地元の変わった年末年始の習慣は? 【中部編】
「パチンコ店が40時間ぶっ通し営業」「しめ縄を一年中飾る」地元の変わった年末年始の習慣は? 【近畿編】
「お雑煮にカキを入れる」「餅つきの後に餅まきをする」地元の変わった年末年始の習慣は? 【中国・四国編】
「玄関先でゴムチューブを地面に叩きつける」「年越しに沖縄そばを食べる」地元の変わった年末年始の習慣は? 【九州・沖縄編】

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは