「好きなおせち料理」ランキング! 2位の「だて巻き」や「数の子」を抑えた1位は?

All About編集部では、12月12~21日、全国20~70代の男女145人を対象に「おせち」についてのアンケートを実施。その中から「好きなおせち」ランキングを発表します。2位の「だて巻き」や「数の子」を抑え1位に選ばれたのは? 本文ではそれぞれの由来なども紹介しています。

新しい年のお祝いとしてお正月に食べる「おせち料理」。重箱に五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災など、いろいろな願いを込めた料理を寄せ盛りにしたものが一般的です。

「好きなおせち」ランキング、1位は?

All About編集部は12月12~21日、全国10~70代の男女145人を対象に「おせち料理についてのアンケート」を実施。その中から、「好きなおせち」ランキングについて紹介します。

 

第2位(同率):だて巻き(46票)

2位は、「だて巻き」でした。
 

卵と魚のすり身に砂糖を加えてふっくらと焼き上げただて巻きは、江戸時代の「伊達者(だてしゃ)」の姿に似ていることから名付けられました。もともとは、長崎の卓袱(しっぽく)料理「カステラかまぼこ」がルーツだそうです。
 

回答者のコメントを見ると、「普段食べないものだから。特に伊達巻はめったに食べない甘い卵焼きだから(30代女性/北海道)」や「甘くてふわふわの食感が好きだから(30代女性/兵庫県)」といった声が寄せられています。甘くてふんわりした食感が人気のようです。

 

第2位(同率):数の子(46票)

同率2位には、「数の子」がランクイン。
 

だししょうゆの上品な味付けと、コリコリプチプチとした食感がクセになる数の子。ニシンの卵巣を使っていることから、「二親(ニシン)」という当て字で読み、両親の長寿を祈願する食べ物として親しまれたそうです。
 

コメントでは、「数の子を食べるとお正月を実感できます(50代女性/愛媛県)」や「プチプチしていて触感が好きだから(30代女性/愛知県)」といった声が寄せられています。「お酒のおつまみにちょうどいい」といった意見もありました。
 

第1位:栗きんとん(64票)

1位は、「栗きんとん」が獲得。
 

甘露煮にした栗を、サツマイモや栗で作った餡とあえた栗きんとん。クチナシを加えるとより鮮やかな金色になり、漢字では「金団」と書くことも。その見た目から、金運上昇を願う料理として、おせちに添えられるようになりました。
 

選んだ人のコメントを見ると、「栗きんとんと伊達巻はスイーツ感覚で食べられて好きです(30代女性/神奈川県)」や「子供の頃から甘いものが大好きで、おせちの中の栗は何よりのごちそうでした(40代女性/東京都)」といった声が寄せられています。

※コメント内容は回答者個人の意見です

>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「子どものころ好きだったおせち」ランキング! 2位「伊達巻き」を抑えた1位は?
「作るのが面倒だと思うおせち」ランキング! 3位「昆布巻」、2位「栗きんとん」、1位は?
手作り派? 購入派? 「おせち料理の用意方法」をアンケート調査してみた
「子どものころ苦手だったおせち」ランキング! 2位「数の子」、1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在