メルカリで「コスメ・美容」アイテムの取引が活発に! 買うときの注意点は?

メルカリで人気の「コスメ・美容」関連アイテムですが、気を付けないと失敗してしまうことも。注意点を解説していきます。

筆者はメルカリで「​​​​​ベースメイク」を買って失敗した経験がある

メルカリが12月19日に発表した「2022年急上昇カテゴリ」を見ると、TOP3を「コスメ・美容アイテム」が独占しました。メルカリでは化粧品の取引も活発ですし、筆者もよく購入しています。しかし中には失敗したなと思う取引も。そんな失敗談を含め2022年の急上昇カテゴリについて解説していきます。
 

2022年にメルカリで急上昇したカテゴリは?

2022年の「急上昇カテゴリ」のTOP3は、以下の結果になりました。
 

1位:ベースメイク
2位:香水
3位:スキンケア/基礎化粧水
 

このランキングは、メルカリ内で2022年1月1日〜11月15日までに購入されたカテゴリのうち、2021年の同購入数との差が大きいものを抽出しています。結果を見ると、3位まで美容関係が独占しています。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2021年は新型コロナウイルスの影響で外出を控えていた人でも、2022年は外出をする機会が増えたのでしょう。見た目を気にするようになって、改めて化粧品を購入するようになったと思われます。2021年とは行動の違いが大きかったことも、急上昇したカテゴリで上位にランクインした理由になりそうです。
 

メルカリで化粧品を買った際の失敗談。ベースメイク、色味を失敗した経験も

筆者もこれまでベースメイクをメルカリで購入したことがあります。それまで使っていたブランドでないものを購入したのですが、残念なことに失敗してしまいました。色味が合わなかったのです。ネット上で色味の確認はしたものの、実際に付けてみると思った以上に白っぽくなってしまい、顔が白浮きしてしまったのです。
 

メルカリでは直接商品を見ることができませんから、色味は前もってしっかりと調べておきたいもの。それが難しいならば
 

・すでに使っているものの新品、あるいは残量多めのものを買う
・お試しで残量が少なく安いものを買う。肌に合えば次は残量多めや新品を買う
 

のどちらかが安心ではないでしょうか。ちなみに、筆者の肌の色に合わなかったベースメイクは、そのままメルカリに出品しました。
 

香水は送れないかもしれない

香水は送れないかもしれない


2位の香水については、出品する側に注意が必要です。ヤマト運輸の「香水やマニキュアなどは、送れますか?」によると、オーデコロン・オーデトワレ・オーデパルファム・パルファムなどの香水は、液漏れしないように密閉をして、段ボールなどで梱包をすれば発送できます。しかしアルコール濃度が60%を超えている、濃度が分からないものに関しては送ることができません。
 

日本郵便でも「爆発性、発火性その他危険性のある物」となり、アルコールを60%以上含むものは発送ができません。
 

上記でも触れた通り、メルカリで化粧品を購入する機会が増えた背景には、外出の機会が増えたことが関係しています。他にも手ぶらでスマートフォンを持ち歩ける「スマホストラップ」も7位にランクインしていました。
 

購入場所としてメルカリを選ぶのは、安く買える中古だからという理由もあるのかもしれません。しかし新品を扱うネットショップと同じような、買い物先として受け入れられているのは事実でしょう。2023年はどんなカテゴリの商品がメルカリで活発に取引されるのでしょうか。動向が気になるところです。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
年末大掃除、メルカリで「不用品」を売るときにやってはいけないNG行為
「メルカリ」の「専用出品」や「転売」を“中の人”はどう思ってる? 単刀直入に見解を聞いてみた
それ、捨てるのちょっと待った! メルカリで「子どもが使った鍵盤ハーモニカ」を売ったら1700円
200万円相当!? 藤井聡太竜王にAMDが贈った「すごいパソコン」ってどんなもの?


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」