「今年のクルマ」は日産「サクラ」と三菱「eKクロスEV」、軽自動車初の選出

「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が12月8日に開催。「今年のクルマ」には、軽BEVの日産「サクラ」と三菱「eKクロスEV」が選ばれました。

「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた日産「サクラ」と三菱「eKクロスEV」(画像出典:プレスリリース

「今年のクルマ」を選ぶ「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が12月8日に開催され、日産「サクラ」と三菱「eKクロスEV」が選ばれました。軽BEV(バッテリー電気自動車)が選出されるのは、43年にわたる「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の歴史の中で初めてのことです。


>「今年のクルマ」TOP11を見る

 

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」とは?

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、日本のモータリゼーションの発展と、コンシューマーへの最新モデルおよび最新技術の周知を目的として1980年に創設。日本を代表する“クルマの賞典”として、日本国内だけでなく海外からも高く評価されています。
 

43回目となる今回のノミネート車は、2021年11月1日から2022年10月31日までに日本国内で発表された全48台の乗用車。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60人の選考委員による1次選考で上位11台の「10ベストカー」が選出され、その中から、同選考委員の最終選考投票により「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」が決定しました。
 

軽自動車初のイヤーカー「サクラ」と「eKクロスEV」

日産「サクラ」(画像出典:プレスリリース

2022年6月に発売した日産「サクラ」と三菱「eKクロスEV」は、日産と三菱が2011年に共同で設立したNMKVと共に、3社で共同開発。日本独自の軽自動車規格を採用し、現実的な車両価格でバッテリーEVを所有するハードルを下げたほか、安全装備も360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)を搭載し、高級車並みの運転支援機能を装備している点などが評価されました。両車は日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)による2023年次「RJCカーオブザイヤー」なども受賞しています。

三菱「eKクロスEV」(画像出典:プレスリリース

2位はホンダ「シビック e:HEV/シビックタイプR」、3位はトヨタ「クラウン」、4位はマツダ「CX-60 e-SKYACTIV D 3.3」、5位は日産「エクストレイル」が選ばれました。
 

そのほか、輸入車が対象の「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」はヒョンデの「IONIQ 5」、内外装デザインを評価する「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」はBMWの「iX」、技術面を評価する「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」は日産「エクストレイル」、ドライブ感覚を評価する「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」はホンダ「シビック e:HEV/シビック タイプR」、軽自動車が対象の「K CAR オブ・ザ・イヤー」はイヤーカーでもある日産「サクラ」と三菱「eKクロスEV」がそれぞれ受賞しました。


>「今年のクルマ」TOP11を見る


【おすすめ記事】
「好きな自動車メーカー」ランキング! 3位「日産」、2位「ホンダ」、1位はやはり……?
木村拓哉、日産から誕生日ケーキ! 海や砂浜、サーフボードを再現した爽やかなデコレーションに感激
「今年のクルマ」に選ばれた日産「サクラ」はどんな車? スマホ連携もできる“近未来カー”として注目
「自動車部品メーカーが多い都道府県」ランキング! 2位「静岡県」に3倍以上の差をつけた1位は?


【関連リンク】
プレスリリース
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」