ワークマンの「マルチブランケット」がどこでも使えて本当にマルチ! おすすめの使い方は「座布団」

防寒のためにブランケットを使っている人も多いのでは。膝掛けとして使う人が多いかもしれませんが、せっかくならいろいろな場面で使いたいもの。ワークマンの「マルチブランケット」は、いろんな使い方ができるんです。おすすめは……「座布団」!?

ワークマンの「マルチブランケット」(画像は全て筆者撮影)

冬場の防寒対策としてブランケットを使っている人も多いことでしょう。特に膝掛けとしての需要が高いかもしれませんが、せっかく買うのであればいろいろな場面で使いたいものですよね。ワークマンの「マルチブランケット」なら、自分流の使い方ができますよ。早速おすすめポイントを紹介していきましょう。

 

ワークマン「マルチブランケット」の素材やサイズは?

表地は毛足が長いフリース

冬場に使う「マルチブランケット」なので、ポリエステル100%の暖かい素材です。表と裏で肌触りが違っていて、表地は毛足が長めのフリース、裏地は毛足は長くはないものの生地が厚手のフリースになっています。

 

裏地は厚手のフリース

どちらを内側にするかは好みによって違ってくるでしょう。ちなみに筆者は毛足が長い方を内側にすることが多いです。体温を包み込んでくれるような気がすることが理由の1つ。そしておやつを食べるとき、毛足が長いと毛の間にこぼれてしまうと取りにくいことがもう1つの理由です。

 

「マルチブランケット」のサイズは110cm×70cm

サイズは110cm×70cm。

 

使いやすいサイズ

小さすぎず大きすぎず、適度なサイズと感じます。8つに折ると持ち運びがしやすいサイズになります。

 

使い方は主に3パターン

ワークマンの「マルチブランケット」の基本的な使い方は3つあります。
 

■膝掛けとして使う

「マルチブランケット」を膝掛けとして使う

デスクワーク時などに膝掛けとして使うことができます。サイズは110cm×70cmなので、折らずにそのまま膝に掛けて使っています。2つに折ることもできますが、椅子に座ったときにお尻周りを完全にカバーすることができなくなってしまいます。


■スカートのように腰巻きとして使う

「マルチブランケット」を腰に巻いてスカートのように使う

「マルチブランケット」にはボタンが付いているので、スカートのようにして留めることができます。下にスカートやズボンをはいたまま腰を覆えるので、お尻まで暖かいです。例えば屋外でスポーツ観戦をするときに役立つのではないでしょうか。サイズは2段階で調整が可能です。
 

注意点としては、厚手のフリースの方を表にするとタグが見えてしまうこと。このタグは切り取ってしまうのもよいかもしれません。
 

■肩に掛けてポンチョとして使う

「マルチブランケット」をポンチョとして使う

肩から掛けてボタンで留めることで、ポンチョに早変わりします。肩や背中が寒いときには、このような使い方ができますね。また寝るときに布団から肩が出てしまう人は、「マルチブランケット」を使うのもアリかもしれません。

 

座布団にしても暖かい

「マルチブランケット」を座布団のようにして使う

筆者がおすすめする使い方は、座布団です。デスクワークをしていると、お尻がひんやりすることがあるのですが、お尻から腰部分に「マルチブランケット」を置くようにすると、暖かくて快適です。
 

これは車の中でも同じです。シートとお尻の間に隙間があるとなんだかスースーしてしまうので、それを埋めるために「マルチブランケット」を車に持ち込むこともありますよ。
 

「腰に巻けば?」と思うかもしれませんが、「マルチブランケット」を折って厚みを作ることで、暖かさがアップするのです! しかもふんわりとしているので、座り心地も良いです。
 

「マルチブランケット」は980円(税込)で販売されています。まさにマルチに使えるアイテムなので、1枚持っていると重宝します。ぜひ座布団としても試してほしいアイテムです。
 

【おすすめ記事】
ワークマンの「フュージョンダウン」がグローブになった! 冬の屋外はコレで決まり
#ワークマン女子の「ブランケットポンチョ」がマルチに大活躍! むしろ室内で使いたい高機能アイテム
ワークマンの「フェイクファーミトン」がふんわりかわいい! 指出しでスマホ操作もOK
ワークマンの「ポンチョストール」は穴が絶妙! スマホ操作や読書時の「イラっ」がなくなる優れもの
ワークマンに見えない!? かわいすぎる「スヌード」、フェイクファーとニットの切り替えでおしゃれ&あったかを実現

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」