「夜勤終わりの朝に……」手取り25万円の20代男性が会社を辞めようと思った瞬間

All About編集部で「会社を辞めたいと思った瞬間」についてのアンケートを実施。今回は年収260万円、施工管理の正社員として働く20代男性のエピソードを紹介します。

年収260万円、20代男性が「会社を辞めたいと思った瞬間」とは(画像はイメージ)

「いま退勤するところなんですけど……!」


夜勤明けにいきなり仕事を振られて、仕事を辞めてしまいたいと思ったことはありませんか?


今回は年収260万円、施工管理の正社員として働く20代男性が「会社を辞めたいと思った瞬間」のエピソードを紹介します。

 

拘束時間が異常に長いんです

こちらの男性は、職場の労働環境に不満を持っているとのこと。


All About編集部が行ったアンケートで「普段の仕事が夜勤で、仕事終わりが毎日朝の6時頃なんです。なのに、それを知ってるはずの管理部から別件の仕事をお願いされて、夜勤明けの朝9時に出勤させられました」と、不満を打ち明けてくれました。


「1日だけじゃなくて、その後も同じようなことがありました。それに、拘束時間が異常に長いんですよ。夜勤の勤務開始は夜20時からなのに、15時くらいに出勤をして仕事を始めなければいけないんです。それが毎月2週間ほどありました」と、拘束時間の長さに、辞めたいと思うようになったそうです。

 

人間関係が良いので辞めれませんでした

しかし、男性は今も同じ職場に勤めているとのこと。


詳細について伺うと「労働環境は決していいとは言えません。でも、上司や先輩方が気にかけてくださって、人間関係が良いので辞めれませんでした」と答えてくれました。


「疲れが溜まってしんどいなと感じていた時に、上司に食事に誘われて、そこで仕事の話を聞いてもらえて、気持ちが楽になりました。仕事だけでの話だけでなくプライベートの話も気兼ねなくできる雰囲気を作ってくれました。もう少し頑張ろうと思えたんです」とのこと。


労働環境が悪くても、人間関係が良いので続けてられているそうです。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「ある日突然、違う職種に異動させられて……」手取り30万円の50代男性が会社を辞めようと思った瞬間
上司に「お前は何もできない」と言われ……手取り17万円の20歳男性が会社を辞めようと思った瞬間
「イエスマンばかりで気持ち悪い」手取り30万円の30代広報マンが会社を辞めようと思った瞬間
「職人気質の上司に見て覚えろと怒られて……」製造業30代男性が会社を辞めようと思った瞬間
「知らない間に自分のポストの求人が出されて……」年収420万円の40代男性が「会社を辞めよう」と思った瞬間

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても