「パンやおにぎりくらいなら」電車内での食事は「あり」か「なし」か、300人に聞いてみると……

関東圏に住んだことのある300人に聞いた、電車内での食事は「あり」?「なし」? 新幹線以外の在来線での飲食はマナー違反なのか、どこまでの飲食ならOKなのか、電車内での実際の体験に基づいた意見を聞きました。


All About編集部では、関東圏に住んだことのある10〜50代の男女300人を対象に、「満員電車&電車内の迷惑行為」に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:11月10〜24日)。今回は、「電車内での食事」について、聞きました。
 

電車内での食事は「なし派」が85%と圧倒的多数

電車内での食事は、あり? なし?
関東圏に住んだことのある300人に、電車内での食事は「あり」か「なし」かを聞いたところ、「なし」と回答した人が圧倒的に多く、85%を占めました。

「なし」と考える理由としては、「食べ物の匂いは強くて気持ち悪くなるから(21歳その他)」「目の前で食べられたことがありますが、匂いがとてもきつい(67歳男性)」など、食べるものにもよりますが、“においが気になる”との声が多くありました。

また、「人が食べている所を見るのがとにかく不快(43歳男性)」「見てて気持ち悪い。マスクしないから怖い(34歳女性)」「マスクを外して食べるなど迷惑この上ない(51歳女性)」など、コロナ禍では特に、人前でマスクを外すことが迷惑という意見もありました。
 

「白飯パックに〇〇を大量に……」電車内での困惑エピソードも!

また、「食べかすを落とされるのが嫌だから(22歳女性)」「何かの拍子にソース類やら人につけてトラブルになったり、臭い等迷惑です(38歳男性)」「体調の悪いときに食べ物の匂いを嗅ぐと気持ち悪くなるし、揺れる社内で食べられてこちらにカス等飛んできたら困る(33歳女性)」など、食べかすで自分や車内が汚れることが嫌という声もありました。

ほかにも、「みっともない(59歳男性)」「マナー的にダメだと思います(23歳女性)」との声や「食べれる空間があるなら、その空間を分けてくれ(37歳男性)」「そんな余裕はないから(41歳男性)」など、混雑している電車内で食事をすることへの不満のコメントも。

中には、「こないだ白飯パックに納豆を大量にかけているおばあちゃんをみかけました。となりのサラリーマンがかわいそうでした(40歳女性)」など、食事の内容でも賛否の声が分かれそうです。
 

「食べ物の種類や時間帯、マナーによってはOK」の声も

一方、電車内での食事は「あり」と回答した人からは、「時間などの関係で致し方ないことが私にもあるから(19歳女性)」「時間に追われて何も食べれない時に移動しながら食べたいと思う時があるから(34歳女性)」など、特に朝は時間がなく、食事ができなかった場合は仕方がないという声もありました。

また、「流石に、満員電車内はどうかと思いますが、空いてる電車ならパンやおにぎりくらいならいいとおもいます(30歳女性)」「それぞれ体調や事情があると思うので、車内が空いていて、匂いのきつくないものなら構わないと思うから(29歳女性)」「匂いが気にならないお菓子程度ならいいと思います(25歳女性)」など、満員電車ではなく、においが強くないものなら構わないという声も寄せられました。

さらに、「特急電車などは食べられるのに、通勤電車は駄目である理由はない。ただし、ごみを持ち帰らないなどマナーを守らない奴がいるので叩かれるのは仕方ないと思う(51歳男性)」「混んでなければOK。ゴミとか出さなければ(44歳男性)」など、ゴミを持ち帰り車内を汚さないなど、マナーの徹底が条件という声もありました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「サンドイッチは…」電車内の食事で「ぎりぎり許される」と思うもの。300人の”許容範囲”はどこまで?
「優先席でビール」「スパゲティをペン2本で…」300人に聞いた「電車内での迷惑行為」が衝撃すぎた
「地方出身者には地獄絵図」行きの通勤で満員電車が苦痛な首都圏の路線ランキング、1位は?
「スマホを触るのも難しい」帰りの通勤で満員電車が苦痛な首都圏の路線ランキング! 1位は?
「座っている人の上に座った」「朝イチの電車で…」今だからこっそり言える「電車内での懺悔したい行動」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化