なぜ恋愛リアリティショーはここまで人気なのか。若者の“恋愛離れ”で加速する「恋愛のコンテンツ化」

動画配信サービスを中心に、多様なジャンルが生み出され続けている恋愛リアリティショー、通称“恋リア”。何がそこまで視聴者を惹きつけるのか。アラサーたちに聞いた魅力に垣間見る、若者の恋愛離れとの関係性とは?


予想できないハラハラドキドキの恋愛模様を映し出す恋愛リアリティショー(以下、恋リア)。さまざまな動画配信サービスによって配信され、アラサー世代を中心にハマる人が続出している。一方で「なぜ、ここまで人気なの?」と疑問に思う声もある。今回は、恋リアブームの変遷をたどり、視聴者目線で人気の理由を探る。


関連記事:恋愛模様より「人間臭さ」が魅力? 『ドラ恋』MCの谷まりあに聞く“恋愛リアリティショー”の奥深さ
 

どこまでが「リアル」なのか。番組終了後も“地続き”で注目される恋リア

恋リアの参加者たちが番組放送後、必ず聞かれる言葉があるそうだ。
 
「やらせや台本はあるの?」
「その後、出演者はどうなったの?」
 
恋リアは、どこまでが“リアル”なのか。出演者はその後、どうなっているのか。番組が終了した後も、本当の結末がハッピーエンドなのか、はたまたバッドエンドなのかが気になってしまう。これこそが恋リアの最大の特徴であり、人々を熱狂させる要因の1つだ。
 

『あいのり』『バチェラー』『今日好き』ドラマから“ショー”へ

恋リアの先駆けといえば、1999年に放送を開始した『あいのり』(フジテレビ系)だ。男女7人が“ラブワゴン”に乗り、旅をしながら恋愛模様を描く番組で、10年にわたり地上波で放送された。この『あいのり』の人気を受け、さまざまな恋リアが登場する。
 
複数の男女がシェアハウスをする様子を映し出した『テラスハウス』(フジテレビ系/2015年からNetflix)、男女の中に恋をしない"嘘つき"オオカミが潜んでいるというルールの下、若者たちの恋模様を追いかける『オオカミには騙されない』シリーズ(ABEMA SPECIAL)、1人のハイスペックな男性を女性たちが奪い合う『バチェラー・ジャパン』シリーズ(Amazonプライム・ビデオ)など、どれもインターネット配信番組を軸に置き、若者を中心にヒット。現在では「恋リア戦国時代」を言われるほどさまざまな恋リアが制作されている。
 
いずれの番組も放送終了後に、出演者のその後の様子が度々話題に上がり、SNSを中心に盛り上がりを見せる。視聴者は“リアリティ”と“ショー”の間で妄想をかき立てられ、放送後にさまざまな考察が飛び交うのも恒例行事だ。


>次のページ:疑似恋愛とコンテンツ化、さらに現代の恋愛離れがブームの起因に?


【おすすめ記事】
恋愛模様より「人間臭さ」が魅力? 『ドラ恋』MCの谷まりあに聞く“恋愛リアリティショー”の奥深さ
「こんな33歳になるとは思わなかった」人生の節目は本当に30代なのか。アラサー女性に聞く“理想と現実”
一般人の「ご報告」投稿にモヤッとする人が続出。なぜSNSで自分の不幸を“ネタ”にしたがるのか
第3子妊娠中のSHELLY「事実婚」を発表……増える“多様な選択”と、経験者が語るデメリット
結婚相手に「年収600万以上」は高望み? 玉のこし婚を諦めた女性のリアル
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化