歴代プレステで最も売れた機種は? なぜプレステ5は「×ボタンで決定」になった? 【プレイステーションの豆知識】

12月3日は「プレイステーションの日」でした。最も売れた機種はどれなのかなど、プレイステーションの豆知識をご紹介します。

12月3日は「プレイステーションの日」。1994年12月3日、家庭用ゲーム機「プレイステーション」が発売されたことにちなんで、制定されました。


最も売れた機種はどれなのかなど、「違いの分かる人」になれるプレイステーションの豆知識をご紹介します。
 

画像出典:いらすとや

 

ソニー「プレステと呼ばないで!」

初代プレイステーションは、本格的なテクスチャ付き3Dグラフィックを家庭用ゲーム機として初めて実現した次世代機。


業務用の高性能なコンピュータを「ワークステーション」と呼ぶことから、遊びで使う高性能なコンピュータという意味で「プレイステーション」と名付けられました。


なお、ユーザーの間では「プレステ」と略して呼ぶことが浸透していますが、CMや公式サイトなどでは一貫して「PS」が採用されています。


これは当時のソニー名誉会長・盛田昭夫さんが、「ステ」の部分が「捨てる」を連想させると考え、使うのを避けるように命じたため。


ただ、商標登録はしているので、ライバル社であるセガがCM内で「プレステ」という言葉を使う際、ソニーに許諾を取ったそうです。

 

最も売れたのはプレステ何?

初代プレイステーションの発売から28年経った現在、最新機種は第5世代のプレステ5。2020年の発売から丸2年経った今も品薄で、予約・抽選販売がされています。


では、歴代のプレステで最も売れたのはどの機種か、ご存じでしょうか。


正解は、2000年3月4日に発売された第2世代の「PlayStation 2(プレステ2)。世界累計販売台数は1億5500万台で、これは他社を含めた全てのゲーム機の中での1位。今もこの記録は破られていません。

 

2位が「ニンテンドーDS」で1億5402万台、3位が「ゲームボーイ」で1億1869万台。4位が「PlayStation 4(プレステ4)」で1億1700万台、5位が「Nintendo Switch」で1億1433万台と続いています。

 

プレステ5が「×ボタンで決定」になった理由

初代プレステの登場で衝撃だったのは、美麗なグラフィックもさることながら、コントローラーのボタンが「△○×□」だったこと。


他のゲーム機にはないプレステのトレードマークとして、商標登録もされています。


デザインを手掛けた後藤禎祐さんによると、「○と×はYESとNOで色は赤と青、△は頭や視点を表し色は信号機にならって緑、□は紙でメニュー・文書を示すもの、色は全体のバランスからピンクにした」とのこと。


ゲーム内の操作も「○で決定/×でキャンセル」で、直感的で分かりやすいですよね。


しかし、最新機種のプレステ5は、従来とは逆の「×で決定/○でキャンセル」になっています。


実は、欧米には「○はYES」という認識はなく、むしろ「チェック(✓)は決定」というイメージがあるため、左から順に「×で決定/○でキャンセル」とする方が直感的で、以前から欧米版ではそのようになっていました。


日本版と欧米版でダブルスタンダードとなっていたものを、最新のプレステ5から欧米版へ統一した形になったというわけです。


設定で戻すことはできますが、あくまでも信号を入れ替えるだけなので、ゲーム画面ではそのまま「×で決定」と表示されます。


「左がYES・右がNO」と位置で覚えて、慣れてしまう方がいいかもしれません。


【おすすめ記事】
「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」は何が違う? なぜ「黒い金曜日」と呼ばれているのか
「ふとん」と「毛布」はどっちが上のほうが良い? 「違いの分かる人」になれる毛布の豆知識
なぜ11月11日は「豚まんの日」なの? 「豚まん」と「肉まん」は何が違う?
「バター」と「マーガリン」は何が違う? 「違いの分かる人」になれるマーガリンの豆知識
イチゴのショートケーキは「日本生まれの洋菓子」だった!? 【洋菓子の豆知識】

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない