横浜赤レンガ倉庫の「クリスマスマーケット」で本場ドイツの雰囲気を味わおう! 2022年は新設エリアも

横浜赤レンガ倉庫で「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」が11月26日からはじまりました。12月25日までの期間中、本場ドイツの“王道”クリスマスマーケットの雰囲気を感じられるグルメやグッズの販売やワークショップを開催。2022年は新エリアも登場!

Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫2022

横浜赤レンガ倉庫で「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」が11月25日にスタート。12月25日までの期間中、本場ドイツの“王道”クリスマスマーケットの雰囲気を感じられるグルメやグッズの販売やワークショップを開催。2022年は新エリア「イルミネーションガーデン」も登場!(画像は筆者撮影、一部提供)
 

横浜で本場ドイツの雰囲気が感じられるクリスマスマーケット

本場ドイツの雰囲気が感じられるクリスマスマーケット

横浜赤レンガ倉庫がドイツに所縁があることから、本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気を感じられるイベントとして2010年からはじまった「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」。13回目となる2022年も“王道”なクリスマスシーズンを盛り上げるグルメやショッピングを堪能できます。

中央から時計回りに、ジャーマンプレート(1800円)、トナカイのマシュマロエッグノッグ(800円、1日100杯限定、マグカップは別途750円)、Christmas 贅沢ローストビーフツリー(2800円)、アボカドチーズグラタンフライドポテト付き(1200円)、あぶりバターシャンピニオンのグラーシュ (1400円)、Xmas 限定!はちみつりんごのグリューワイン(アルコール 700円、アルコールフリー600円、1日200杯限定)
中央から時計回りに、ジャーマンプレート(1800円)、トナカイのマシュマロエッグノッグ(800円、1日100杯限定、マグカップは別途750円)、Christmas 贅沢ローストビーフツリー(2800円)、アボカドチーズグラタンフライドポテト付き(1200円)、あぶりバターシャンピニオンのグラーシュ (1400円)、Xmas 限定!はちみつりんごのグリューワイン(アルコール700円、アルコールフリー600円、1日200杯限定)※すべて税込
中央から時計回りに、3D木製ポストカード(900円)、キャンドルホルダー(2000円)、スノードーム(1500円~)、北欧ツリー(2400円)、コフレウィンターハウス3(1セット2200円)※すべて税込
中央から時計回りに、3D木製ポストカード(900円)、キャンドルホルダー(2000円)、スノードーム(1500円~)、北欧ツリー(2400円)、コフレウィンターハウス3(1セット2200円)※すべて税込
横浜赤レンガ倉庫オリジナルデザインのドイツ製マグカップ(2種、各税込750円)(提供画像)
横浜赤レンガ倉庫オリジナルデザインのドイツ製マグカップ(2種、各税込750円)(提供画像)

毎年異なるデザインの横浜赤レンガ倉庫オリジナルデザインのドイツ製マグカップは各飲食店でドリンクとともに購入できるほか、インフォメーションでも販売。クリスマスマーケットの空気感と賑やかさを、イキイキとしたドローイングタッチで表現しています。
 

高さ10mの生木のクリスマスツリーが登場

高さ約10mのシンボルツリー
高さ約10mのシンボルツリー

イベントシンボルである高さ約10mの生木のクリスマスツリーには、12月6日にリニューアルオープンする横浜赤レンガ倉庫の明るい未来への願いを込めたゴールド&シルバーのオーナメントによる装飾と鮮やかな光が灯ります。

ドイツ製のヒュッテ(木の小屋)
ドイツ製のヒュッテ(木の小屋)

ツリーを囲むように、人形オブジェやドイツ製のヒュッテ(木の小屋)が設置され、日が暮れると幻想的。

「YOKOHAMA」のイルミネーションも点灯
「YOKOHAMA」のイルミネーションも点灯

 

芝生エリアに「イルミネーションガーデン」を新設

芝生エリアに「イルミネーションガーデン」が新設
芝生エリアに「イルミネーションガーデン」が新設

今回は、横浜赤レンガ倉庫2号館側芝生エリアに温かみのある光が一面に灯る「イルミネーションガーデン」が新設されました。ピッツァやミネストローネが楽しめるキッチンカー、ヨーロッパ雑貨の販売やキャンドル作りのワークショップを楽しめる店舗などが軒を連ねます。
 

日時限定で人気クラブのDJが来場する音楽イベントが開催。クリスマスまでのアドベント期間を盛り上げます。
 

音楽イベント開催日:12月3、4日、10日、11日 17:00~21:00 ※12月10日のみ 19:30~19:50、20:30~20:50

 

土日とクリスマスウィークは要チケット購入

会場マップ「有料日」は海側のGATEのみ入場可。道路側は出口となります(画像提供)
「有料日」は海側のGATEからのみ入場可。道路側は出口となります(画像提供)

期間中は、11月25日~12月16日までの土日、12月19日~25日は有料日(500円、小学生以下<保護者同伴に限る>は無料)となっています。「Peatix」でのチケット事前購入が必要となりますので、チケット販売サイトをチェックしてください。
 

横浜赤レンガ倉庫イベント公式アプリユーザー(要会員登録)は有料日のチケットが300円になります。有料日以外は入場無料ですので、詳しくは公式サイトをチェックしてください。
 

大規模改装のため長期休館中だった横浜赤レンガ倉庫。12月6日にはリニューアルオープン予定となっていますので、こちらもお楽しみに。

 

Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫 開催情報

期間:2022年11月25日~12月25日
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場、赤レンガパーク
時間:12月9日まで11:00~21:00、12月10日以降は11:00~22:00(L.O.終了30分前)
入場料:11月25日~12月16日までの土日、12月19日~25日は有料(500円、小学生以下<保護者同伴に限る>は無料)※イルミネーションガーデンは終日無料、飲食・物販代は別途
URL:https://www.yokohama-akarenga.jp/christmas/

 

【おすすめ記事】

横浜の実物大“動くガンダム”がYOASOBI『祝福』に合わせ「水星の魔女」にちなんだ新ポーズ披露
横浜・みなとみらいで街と光のアートイルミネーション「ヨルノヨ」開催! 34施設が連動する光と音の演出
リラックマが点灯式に! 横浜ワールドポーターズで屋内初となるクリスマスツリーが登場
「ヨコハマミライト 2022」点灯! 横浜駅からみなとみらいまで約1.5km続くイルミネーションを撮ってみた
横浜・みなとみらいに「ハリー・ポッター」魔法ワールドの世界観あふれる2本のクリスマスツリーが出現
みなとみらい・クイーンズスクエア横浜のクリスマスツリーが点灯! 環境配慮型ペーパーアートが映える

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応