「バラエティ向きだと思う女性俳優」ランキング! 3位「木村佳乃」、2位「橋本環奈」、1位は?

All About編集部は、全国の男女266人を対象に「バラエティ番組」に関するアンケートを実施しました(調査期間:11月4~24日)。芸人やタレント顔負けのトーク力・対応力で場を盛り上げる女性俳優とは? 今回は、バラエティ番組向きだと思う女性俳優ランキングを発表します!※画像出典:プレスリリース

画像出典:プレスリリース

ドラマや映画の宣伝で、俳優がバラエティ番組に出演しているのを見る機会は多いですよね。中には、お笑いタレント顔負けのトーク力や対応力で盛り上げる人もたくさんいます。バラエティ番組に出ている女性俳優で、初めに思い浮かぶ人は誰ですか?
 

All About編集部は、全国の男女266人を対象に「バラエティ番組」に関するアンケートを実施しました(調査期間:11月4~24日)。今回は、バラエティ番組向きだと思う女性俳優ランキングを発表します!


>17位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:木村佳乃(19票)

第3位に選ばれたのは、木村佳乃さんでした。デビュー以来、数々の話題作に出演し、2005年には時代小説の実写化映画『蝉しぐれ』で演じたふく役が高く評価され、第29回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。正統派俳優の印象も強いですが、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では体を張るロケにも参加し、話題になりました。
 

回答者からは「キレイなのに笑いに貪欲で、体も張ってて面白いから(38歳女性/千葉県)」「自分自身が楽しんでいる様子が伝わるから(45歳女性/東京都)」「何事にもチャレンジ精神が旺盛で、トークも面白く天然だから(59歳女性/熊本)」「無理している感じがなく、はちゃめちゃにいじられていて面白いから(31歳女性/岐阜県)」など、自然体で楽しんでいる様子が伝わるというコメントが寄せられています。
 

第2位:橋本環奈(26票)

第2位に選ばれたのは、橋本環奈さん。“1000年に1度の逸材”として一躍話題になり、多くの実写化作品でヒロインを務めてきました。清楚(せいそ)な見た目とは裏腹に、豪快な笑い方や飾らないキャラクターで幅広い年代の男女から人気を博しています。
 

回答者からは「コミカルな役が多いため親近感があり、その場にいるだけで空気が明るくなるから。もちろん、スタジオのコメもロケのレポも十分こなせる能力があるから(51歳男性/広島県)」「とても可愛いのに、変顔も出来、ノリの良さから向いていると思いました(20歳女性/岐阜県)」「可愛らしい容姿とは裏腹にはっきりと物事を喋る姿勢や躊躇いもなく変顔をやってみせる姿に好感を持ちました(30歳女性/大阪府)」など、ノリの良さや明るい雰囲気などに好感を持っている人が多いようです。
 

第1位:綾瀬はるか(28票)

僅差で第1位に選ばれたのは、綾瀬はるかさんでした! ドラマ『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)や『JIN -仁-』(TBS系)など、数々の作品に出演し、コミカルな役からシリアスな演技まで幅広くこなす実力派俳優。2022年4月期にも月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)で主演を務めました。バラエティ向きと支持する人は、どんな理由なのでしょうか。
 

回答者からは「彼女の天然に敵う人はいないから(43歳女性/大阪府)」「あの天然っぷりは、バラエティ番組で発揮しないともったいないと思うから(26歳男性/東京都)」「大女優なのに天然でエピソードが破天荒で面白い(51歳女性/愛知県)」と、天然な発言が面白いという声が多く寄せられました。
 

「本人が楽しんでいる感じがするからです(61歳女性/東京都)」「どれだけ芸歴を重ねても、芸人に振られたことをあっけらかんとしてしまう姿にバラエティ向けだと感じさせます(39歳女性/香川県)」「お綺麗なのに気取ってなくて気さくな感じが好感を持てます。いろんな方に好かれそうだなと思いました(35歳女性/鹿児島県)」など、芸歴や美しい容姿とは裏腹に、気取らない性格で親しみやすい印象を持っている人が多くいるようです。


>17位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
バラエティ番組向きだと思う男性俳優ランキング! 2位「ムロツヨシ」を抑えた1位は?
好きなバラエティ番組の司会者ランキング! 「マツコ」「ダウンタウン」を抑えた1位は?
長く続いてほしいバラエティ番組ランキング! 『有吉の壁』を抑えた同率1位の人気2番組とは?
好きだったけど見なくなったバラエティ番組ランキング! 『ロンハー』『ぐるナイ』を抑えた1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示