品切れの予感! ワークマンの「ダウンスカート」、使いやすさのポイントと注意点は?

2021年にワークマンから発売された「ダウンスカート」は、大人気すぎて即品切れになりました。そして2022年も「ダウンスカート」が発売されています。その名も「洗えるフュージョンダウンスカート」。冷えがちな腰回りを保温してくれるあったかアイテムです。早速使用感や気になるポイントをチェックしていきましょう。

ワークマンの「洗えるフュージョンダウンスカート」(画像は全て筆者撮影)

2022年もワークマンから「ダウンスカート」が発売されています。その名も「レディース洗えるフュージョンダウンスカート(以下、洗えるフュージョンダウンスカート)」。冷えがちな腰回りを保温してくれるあったかアイテムです。早速使ってみたので、正直な感想をレビューしていきます。

 

「洗えるフュージョンダウンスカート」は、驚くほど軽い

「洗えるフュージョンダウンスカート」は軽くてはきやすい

2021年にワークマンから発売された「ダウンスカート」は、あまりの人気に即品切れとなりました。筆者も欲しかったのですが、残念ながら買えず。次こそは! と意気込んで、定期的にワークマンの店舗に行ってゲットしました。
 

2022年は「洗えるフュージョンダウンスカート」という商品名で販売されています。フュージョンダウンを使用している商品は複数ありますが、共通の特徴は、なんといっても軽さです。

 

このような「フュージョンダウン」が入っている

写真のような「フュージョンダウン」が入っています。これはサンプルとして、商品に付いてきたものです。
 

「洗えるフュージョンダウンスカート」を持ったときには、重さをあまり感じませんでした。スカートとして使うなら重さはあまり関係ないのでは? と思うこともありますが、スカート以外にも使える「洗えるフュージョンダウンスカート」の持ち運びを考えると、この軽さが魅力になってくるのです。

 

ブラックアルミプリントで、保温力アップ

ブラックアルミはシルバーアルミと比べて1.5倍の保温力がある

2022年のワークマン商品には、ブラックアルミが使用されているものがあります。ブラックアルミは、これまでのシルバーアルミと比べて1.5倍の保温力があるとのこと(写真は、「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンフーディー」のタグ)。

 

お尻の部分にブラックアルミが使用されている

このブラックアルミがちょうどお尻の部分に施されているので、お尻がぬくぬくと暖かいのです。例えばデスクワークのとき、お尻がひんやりすることもありますが、これを使うと寒さ対策ができそうです。

 

ダウンなのに自宅で洗える

汚れても自宅で洗える

スカートとして使っているとき、腰を下ろすとお尻部分が汚れてしまうこともあります。ダウンなので、洗濯方法が気になりますが、「洗えるフュージョンダウンスカート」は問題なし。自宅で洗えます。
 

自宅で洗えることのメリットは、クリーニング代がかからないという金銭的な面以外に「汚れても大丈夫」と思って遠慮なく使えることがあるでしょう。気兼ねなく普段使いができますね。

 

ファスナーで開け閉めができて、広げて使える

ファスナーを開けて広げて使える

「洗えるフュージョンダウンスカート」はファスナーを閉めることで、スカートの形にします。ファスナーを開ければ広がって膝掛けにもなるので、デスクワークや車の運転中にも使えます。

 

単品で使える?

身長155cmの女性着用

せっかくのスカートなので、単品で使いたいと思うかもしれません。横から見ると、膝くらいの丈です(身長155cmほどの女性着用)。

 

ファスナーの割れ目が気になる

でも、後ろを見るとファスナーの割れ目が気になってしまいました。ファスナーが下まで閉まらないので、インナーが見えるのでは? と思ってしまうのです。冬場はタイツなどを使うかもしれませんが、ジーパンなどの上からはいた方が安心かもしれません。

 

ストレッチはきいていない

またストレッチ素材ではないので、足を開きにくいです。無理に開くとファスナーが外れてしまったり、壊れてしまったりする恐れがあります。
 

ワークマンの「レディース洗えるフュージョンダウンスカート」は1500円(税込)で販売されています。カラーは、公式サイトではネイビー、カーキ、ブラックの展開ですが、お店によってはブラウンもあります。筆者はブラウンを購入しました。サイズはM、L、LLがあります。ウエストにゴムが入っていないので、可能なら試着をした方がよさそうです。
 

【おすすめ記事】
驚くほど軽い! 自宅で洗える! ワークマンの「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンフーディー」
ワークマンの大人気「洗えるフュージョンダウン」にジュニアサイズ! あえて大人が着ている理由とは
お尻まですっぽり! ワークマン「防風パッチワークノーカラーロング」が、かわいいもこもこ素材で機能性も◎
ボコボコ表面は伊達じゃない! ワークマンの「エアロストレッチアルティメットフーデッドパーカー」で真冬に勝つ
ワークマンのデニム風スカートが抜群の使いやすさ! 色違いでほしくなる4つの理由

【関連リンク】
ワークマン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない