ボコボコ表面は伊達じゃない! ワークマンの「エアロストレッチアルティメットフーデッドパーカー」で真冬に勝つ

機能的かつ低価格の商品でおなじみのワークマンで、表面がボコボコしている見た目が印象的なアウター「AERO STRETCH ULTIMATE(エアロストレッチアルティメット)フーデッドパーカー」を発見しました。もちろん暖かさは文句なし。おすすめポイントを紹介していきます。

ワークマンの「エアロストレッチアルティメットフーデッドパーカー」(画像は全て筆者撮影)

機能的なのに低価格の商品を販売するワークマンで、見た目が印象的なアウターを発見しました。表面がボコボコしていて、インパクトがあるのです。でも暖かさは文句なし。ワークマンの「AERO STRETCH ULTIMATE(エアロストレッチアルティメット)フーデッドパーカー」(以下、フーデッドパーカー)のおすすめポイントを紹介していきます。

 

おすすめポイント1:意味のあるボコボコ表面

表面はボコボコ。接着加工でシームレスになっている

「フーデッドパーカー」の特徴の1つは、表面のボコボコです。一般的なダウンは縫い目が続いているのですが、「フーデッドパーカー」の場合、そもそも縫い目がありません。シームレスな接着加工が施されているからです。

 

シームレスで冷気が入りにくい

シームレスのメリットは、縫い目から冷たい空気が入ってくるのを防げる点です。いくら中綿が入っているとはいえ、冷気が入るとスースーとした寒さがあります。また中綿が縫い目から出てしまうこともありませんよね。「フーデッドパーカー」の特徴的な表地には保温性を高めるための工夫がされているというわけです。

 

おすすめポイント2:ブラックアルミ搭載で背中が暖かい

ブラックアルミが使用されている

2022年のワークマンのアウターにはブラックアルミが使用されているものがあります。「フーデッドパーカー」もその1つで、背中部分に加工がされています。これまでワークマンでは裏アルミプリント(シルバーアルミプリント)が使用されていました。従来品と比較した場合、ブラックアルミは1.5倍の保温力があるというのです。

 

ブラックアルミは、シルバーアルミの1.5倍の保温力

裏アルミプリント(シルバーアルミプリント)だけでも暖かいのに、その1.5倍となると相当な暖かさ。11月の初めに使ってみたら、背中が汗ばみました。気温が下がる真冬にこそおすすめです。

 

おすすめポイント3:袖口から冷気が入りにくい

袖口が2重になっていて冷気が入りにくい

屋外で着用するアウターの場合、隙間から冷気が入ってこないことも大切なポイントになってきます。筆者の場合、袖口から冷気が入ってくると手首全体がひんやりしてしまうので、袖口がギュッと閉じるアウターを選ぶことが多いです。「フーデッドパーカー」は、内側に袖口がもう1つあり、冷気の侵入を防いでくれます。内側の袖口はフリース素材なので、直接肌に触れた際にひんやりしないのもありがたい点です。

 

おすすめポイント4:首元フリースで肌に触れても「ヒヤッ」としない

「フーデッドパーカー」は襟部分がフリース素材になっている

ダウンの素材によって違いはありますが、顔周りにダウンの襟が触れると冷たいなと思うことがあります。筆者はそれが嫌で仕方ありません。ここ数年はマスクをしているので、肌に直接触れる機会も少なくなりましたが、マスクを外した後、油断しているときは特に冷たさを感じてしまいます。
 

そんな「ひんやり」をなくすため、「フーデッドパーカー」は襟部分がフリースになっています。肌に触れてもヒヤッとしませんから、屋外で使っても安心です。

 

ファスナーの金具を収納できる

またファスナーをあげた後は、金具を襟部分に差し込むことができます。これで金具が肌に触れてしまうこともありません。

 

おすすめポイント5:3900円というコスパの良さ

「フーデッドパーカー」は3900円(税込)

ワークマンの商品はいずれも驚くほどの低価格です。しかも機能性が高いのでコスパがとても良くなりますね。「フーデッドパーカー」も同じです。価格は3900円(税込)。これだけの暖かさがあるアウターが5000円以下で買えるのは、まさにワークマンの魅力といえますよね。

 

気になるのは「重さ」

ワークマンの「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンフーディー」と比較すると重さを感じてしまう

「フーデッドパーカー」は暖かくてコスパも良く、申し分ないアウターと言えるのですが、1つだけ気になったことがありました。それが「重さ」です。筆者はワークマンの「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンフーディー」も使っているのですが、これと比べると「フーデッドパーカー」は少し重いなと思ってしまいました。とはいえ、ずっしりするわけではありませんし、そもそも超軽量の「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンフーディー」と比較するのが間違いのような気もしてしまいます……。
 

筆者が購入した「AERO STRETCH ULTIMATE(エアロストレッチアルティメット)フーデッドパーカー」は、Mサイズです。もともとメンズアイテムなのですが、女性でも使うことができますよ。

身長160cmの女性着用

身長160cmの筆者の場合、お尻が半分くらい隠れる丈の長さです。他にはL、LL、3Lがあります。カラーはシルバーのような「シャンブルグレー」です。他にノルディックグレー、ネイビー、ウッドオーカー、オフホワイト、ブラック、オレンジがあります。カラーバリエーションが豊富なので、どれを選ぶか悩んでしまうかもしれませんが、店内でじっくりと選ぶのも楽しいものですよ。
 

【おすすめ記事】
驚くほど軽い! 自宅で洗える! ワークマンの「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンフーディー」に感嘆
軽い! 暖かい! ワークマンの「ボアフリースカーディガン」はデスクワークからお出かけまで大活躍でコスパも◎
高見えの予感! ワークマン「ハーフミラノリブタートルネック」の色違いでそろえたくなる魅力をレビュー
ワークマンで発見! ふんわり着心地「ワッフルクルーネック」おすすめポイント6つ
ワークマンの「裏アルミカーディガン」は、汗をかくほどの保温力。真冬の必需品になる予感
 

【関連リンク】
ワークマン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」