海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン 第10回

レディーファーストは「モテ狙い」「スマートに振る舞う自分に酔ってるだけ」と主張する日本人の勘違い

レディーファーストは「モテテクニック」のひとつなのでは? 日本人にとってはなじみの薄いこのマナーそのもの、また実践する日本人男性に対して、どんなイメージを持っていますか? ヨーロッパ在住の筆者が、日本人との会話を通して感じることの多い「レディーファーストの勘違い」が3つあります。

日本人のマナーについて仰天した出来事

10月の日本帰国時に、目を見張るような言動の男性と遭遇しました。要約すると、壮健そうな若い男性が電車の乗車時に私を押しのけて良い立ち位置を確保しようとし、失敗すると大きな舌打ちをしてこちらをにらんだ、という出来事でした。
 

>詳しい経緯はこちら
 

レディーファーストのあるヨーロッパでは、女性を押しのける行為は殊のほか見苦しいとされ、侮蔑の対象ともなり得る行為です。私も長い欧州生活でその習慣にすっかり染まっていたため、この男性には大きな衝撃を受けてしまいました。
 

しかし、その後に会った友人の意見を聞くと、「日本では女性だからという理由で何かを優先させる習慣はない」とのこと。そして、「するなら弱者全般を優先させるべき」だとも。
 

よくあるレディーファースト理論のすり替えと勘違い

日本でこの議論になると、必ず聞かれる反論がありますが、なかには論点のすり替えや、レディーファーストの理念そのものに対する誤解と思われるものも見られます。
 

勘違い1.「淑女でない女性」にはレディーファーストをする必要がない

この見解の方は、どうやら一定数いらっしゃるようです。しかし、レディーファーストとは相手を選り好みせず、基本的に全ての女性に対して行うもの。相手女性によって態度を変えていては、それこそ紳士でないと見なされてしまうでしょう。
 

勘違い2. 女性だけでなく「弱者全般」を助けるべき

私の友人も口にしていた通り、これもよく聞かれる意見であり、正論に聞こえます。ただ、日本人が日常的に年配者・障害者・妊婦・子連れの母親などの社会的弱者を積極的に手助けしているかというと、疑問に感じます。
 

例えばヨーロッパでは、公共交通機関で席を譲ったり、ベビーカーの乗降を手伝う人は、文字通り毎日見かけますが、日本でこのような行為を連日見かけることはほぼ皆無。人口比で考えると、確率的にはかなり低いと言って良いのでは。したがって、「女性だけ優先させず、弱者全てを助けるべき」という主張も、どこか空虚に聞こえてしまいます。
 

勘違い3. レディーファーストはモテテクニックの一種

驚くべきことに、日本ではレディーファーストを習慣ではなく「モテテクニック」と捉える人が少なくないようです。その証拠に、女性側のレディーファースト反対意見の中には、

 「レディーファーストをする男性は打算的な人が多い」
 「スマートに振る舞う自分に酔っている」
 「モテを狙っていて、浅はかな感じ」

といったものが多く挙がっており、マナーではなくモテ狙いでレディーファーストを利用しようとする男性の下心への異議が見て取れます。
 

「モテ」ではない、レディーファーストは基本的な国際儀礼

しかし、外務省「プロトコール(国際儀礼)でよくあるご質問」や「国際儀礼の基本講座」でも紹介されている通り、レディーファーストは基本的な国際儀礼であり、決してモテテクニックに終始するものではないはず。
 

この他にも、「男女平等の世にレディーファーストなんて前時代的」という意見も、フェミニストや若い世代を中心に出ているようですが、そういうポリシーの女性にはしなければ良いだけのこと。
 

「レディーファーストができるけど相手に合わせてしない」のと、「元々できない」には大きな隔たりがありますし、レディーファーストができなかったために、実際に海外で仕事のチャンスを逃したり、社交の輪から外されてしまった日本人もいると伝え聞きます。ここは、モテ技と軽視せずに、国際的なマナーのひとつとして学んでおいた方が、転ばぬ先の杖となりそうですね。
 

【おすすめ記事】
電車に乗り込むと“豹変”する日本人…欧州在住の日本人が久々の帰国で驚愕した3つのこと
「右手で挙手」はキケン! 外国人が驚く、日本人のマナー&タブー3選
「名付け」にもマナーあり?海外で“ヘンな意味”になる日本語の名前
「寒くないのか?」と外国人が不思議に思う、日本人の防寒ファッションに“足りない”もの
両親のどちらかが外国人で海外暮らしなら「英語が上手」の大誤解!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」