全国300人に聞いた「泣ける漫画」ランキング! 2位『鬼滅の刃』を抑えた1位は?

全国の10~50代以上の男女300人に聞いた、「泣ける漫画」ランキング! 2位『鬼滅の刃』を抑えた感動の号泣必至漫画とは? 回答者のコメントとともに紹介します。※画像出典:プレスリリース 『週刊少年ジャンプ27号』 (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

画像出典:プレスリリース 
『週刊少年ジャンプ27号』 (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

ドラマ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、「漫画」に関するアンケート調査結果を公表。同調査は、全国の10~50代以上の男女300人を対象に、インターネット上で実施しました(調査期間:2022年3月25日〜4月11日)。今回はその中から、「泣ける漫画」ランキングを発表します!

>9位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:『SLAM DUNK』

第3位は、『SLAM DUNK』。1990~1996年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された、井上雄彦さんによるバスケットボール青春漫画。シリーズ累計発行部数は1億2000万部を超える大ヒット作です。12月3日に公開予定の井上雄彦さんが監督、脚本を手掛けるアニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』が話題を呼んでいます。

回答者からは、「大好きで何度読んでも胸と目頭が熱くなる漫画だから。大人になってから改めて読むと、ひたむきにバスケットをする登場人物たちの真っ直ぐさに心を打たれる。涙なしでは読めない漫画」「バスケシーンの選手たちの心情・葛藤がリアルに描かれていて胸アツです。特に主人公以外の選手たちや脇役となるキャラクターの一人一人にドラマがあり、それが本編に絡んでくると、読んでいて感情移入してしまう事が多々あります」など、個性豊かな登場人物たちが、ひたむきにバスケットに打ち込む姿に感情移入してしまうという声がありました。

また、「自分が作品と同じ高校生だった時、部活動で感じた怪我が原因の挫折、後悔を舞台となっている競技は違いますが、登場人物達の怪我や挫折と向き合ったり、逆に現実から目を背けたりする姿を見ると自分と重ねてしまい、泣いてしまいます。スポーツをやっていて挫折を感じたことのある人であれば同じく泣いてしまうと思います」など、自身が部活動などに必死に取り組んでいた姿と重ね合わせて、胸が熱くなる人も多いようです。
 

第2位:『鬼滅の刃』

第2位は、『鬼滅の刃』。2016~2020年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、コミックスの発行部数は1億5000万部を超えた吾峠呼世晴さんによる冒険ダークファンタジー。2021年10月から公開されたアニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は国内興行収入歴代1位の記録を塗り替え、全世界で大ヒットしました。

回答者からは、「戦いの中で、思い半ばでこの世を去って行くキャラクターが大勢います。死んでしまった人たちの想いを継ぎながら物語は進んでいくのですが、やるせなかったり、くやしかったり、悲しかったりと涙が止まりません」など、壮絶な鬼との闘いの中で命を落とした無念さに涙が止まらないとのコメントも。

また、「鬼滅の刃は漫画の全体像としては少し暗めで重めの内容ではあるのですが、一人一人のキャラの個性が立っておりキャラの人生にも深く入り込んでいます。そういった丁寧な設定があるからこそセリフがグッとくるものが多く、映画化された無限列車編に関しては、映画を見た後再度漫画を見ても泣けてくるほど登場人物に感情移入していました。今後もこのような深く考え尽くされた漫画が出てくるのを楽しみにしています」など、敵である鬼に対しても、細やかなキャラクター設定に感情移入して泣けるという声がありました。
 

第1位:『ONE PIECE』

第1位は、尾田栄一郎さんによる『ONE PIECE』でした。1997年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で現在も連載中。11月4日にコミックス最新刊の第104巻が発売され、週刊少年ジャンプ歴代作品の中では『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に次ぐ長期連載漫画です。コミックスの全世界累計発行部数は4億9000万部を突破し、全世界に熱狂的なファンを抱えています。

回答者からは、「仲間との絆とかもいいけど、メインの人じゃなくてもちゃんとしたストーリーがあって泣ける場面が多すぎるくらいです。敵キャラでさえ憎めなくなるくらいのストーリーがあったりしていいと思います」「仲間を想う気持ち、何が善で悪かそれに対して真っ向立ち向かう姿、キャラクターそれぞれに壮絶な過去があるのにも関わらずそれを乗り越え生きる姿、何があっても諦めず信じたことを貫く強さ、個々のひたむきで健気な想いに何度も涙しました」など、メインキャラクターではない登場人物でも、泣ける場面が多いとの声がありました。

ほかにも、「巻数が多いだけあって、内容も濃厚。戦いの度に、例えば大切な兄弟を失うなどドラマが起きる。このシーンは特に感動的で、初登場時にかなり印象の良かった主人公の兄の戦死、そして主人公が振り返る兄との幼少期の思い出の数々、兄を失い悲しみに打ちひしがれる主人公にはまだ仲間(船員)が残っていることに気づくシーンは号泣した」など、感動して泣けた場面を鮮明に覚えている人も多いようです。


>9位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
途中で読むのをやめてしまった漫画ランキング! 同率2位は『進撃の巨人』と『呪術廻戦』、1位は?
好きな男性漫画家ランキング! 3位「鳥山明」、2位「冨樫義博」、では1位は?
好きな女性漫画家ランキング! 3位「矢沢あい」、2位「荒川弘」を抑えた1位は?
絵が上手だと思う漫画家ランキング! 3位「小畑健」、2位「井上雄彦」を抑えた1位は?

【関連リンク】
TVマガ
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応