「術」の意味・使い方とは? 正しい読み方は「じゅつ」「すべ」?

「術」の意味は、一般的には、特定の目的や目標を達成するための技法や方法、手段を指します。「術」は、「じゅつ(音読み)」「すべ(訓読み)」で、どのように意味が変わるのか、フリーアナウンサーが意味や使い方を解説していきます。

「術」の意味とは? 正しい読み方は「じゅつ」「すべ」?
「術」の意味とは? 正しい読み方は「じゅつ」「すべ」?

「為す術もない」などという場合に使う「術」という言葉。皆さんは正しい読み方をご存知ですか?
 

「じゅつ」「すべ」と2通りの読み方を聞いたことがあるという人もいるかもしれません。
 

今回は「術」の正しい読み方をフリーアナウンサーの花崎阿弓が解説していきます。


<目次>
「術」の意味とは、技法や方法、手段
「術」の正しい読み方は「じゅつ」「すべ」? 
「術」の意味を理解して正しく使い分けよう
 

「術」の意味とは、技法や方法、手段

「術」は、さまざまな意味を持ちますが、一般的には、特定の目的や目標を達成するための技法や方法、手段を指すことが多いです。また、特定の技能や技術を指すこともあります。具体的な例としては、芸術やスポーツの技術、手術の技術、または問題解決や交渉の方法などが挙げられます。

「術」の正しい読み方は「じゅつ」「すべ」? 

結論からいうと、「術」の読み方は「じゅつ」「すべ」どちらも正しいといえます。音読みで「じゅつ」、訓読みで「すべ」と読みます。このほかにも、「すい」「しゅつ」「わざ」とも読むことができます。 

「術」は、技術や手段、方法を用いる際に「じゅつ」と読ませます。

じゅつ【術】
学問。技芸。「算術」「武術」 ②すべ。てだて。方法。たくらみ。「術策」「術中」と読まれます。
(漢字ぺディア)

 
このほか、「手術」などでも用いられます。
 

しゅじゅつ【手術】
医学の外科領域における治療手技をいう。外科を意味する英語のsurgeryは、「手」と「働き」を意味するギリシア語を結び付けてできた語であり、手術と同じことを意味している。手術の英語operationは「操作」を意味し、外科手術の実態を示している。このオペレーションを略して単にオペともいう。手術とは、つまり、外科医の手を用いて、生体を縫い合わせ、切り開き、切り取り、また継ぎ合わせ、覆い包むことのすべてを総称する語である。
(『日本大百科全書』(ニッポニカ))

 

ちなみに「すべ」と読ませる「為す術」はこのように表されています。

すべ【術】
行える手立て。 打つ手。 なにもできない様を「為す術がない」などと表現する。
(実用日本語表現辞典)

これは、慣用句となりよく使われる言葉です。打つ手がないときに使われる事が多いですが、「生きる術がある」(生きていく方法を知っていること)など、何か方法があるときに使われることもあります。

 

【関連記事】慣用読みとは? 慣用読みの一覧、普及された理由

「術」の意味を理解して正しく使い分けよう

「術」とは、一般的には、特定の目的や目標を達成するための技法や方法、手段を指し、「じゅつ」「すべ」どちらの読み方も正解。訓読みするか音読みするかの違いとなります。

 

「為す術がない」などのような慣用句では、「なすすべがない」と読むので覚えておくとよいでしょう。

 

この機会にぜひ、「術」の本来の読み方を確認してみてください。


■執筆者プロフィール

花崎 阿弓(はなさき あゆみ)
兵庫県出身。武庫川女子大学を卒業後、ケーブルネット鈴鹿に入社。退社後は、静岡FM、FM栃木で情報番組やニュースを担当。これまでの出演経歴は、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)『有吉反省会』(日本テレビ系)『有吉ジャポン』(TBS系)『ナカイの窓』(日本テレビ系)『Abema prime NEWS』(AbemaTV)など。現在は、『横浜ユーポスラジオ』(ラジオ日本)『渋谷いきいき倶楽部』(渋谷のラジオ)などの情報番組を担当しています。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応