「小説を書いてほしい芸能人」ランキング! 3位「タモリ」、2位「芦田愛菜」を抑えた1位は?

全国の男女268人に聞いた、「小説を書いてほしい芸能人」ランキング! All About編集部が実施したアンケート調査結果から、“読書好き”から「小説を書いてほしい!」とのリクエストの声が多かった芸能人を回答者のコメントとともに紹介します。※画像出典:プレスリリース

芦田愛菜 ※画像出典:プレスリリース
All About編集部は、全国の10〜60代の男女268人を対象に、「小説」についての独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2022年10月17日〜11月17日)。今回は、その中から「小説を書いてほしい芸能人」ランキングを発表します。

>5位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:タモリ

第3位は、タモリさん。2008年から放送されている『ブラタモリ』(NHK総合)では、さまざまな街をブラブラ歩きながら、街の歴史や人々の暮らしについて出されるクイズに、いとも簡単に答えてしまうタモリさんの博識ぶりが有名です。

回答者からは、「ブラタモリなどで見せる博識を活かしてマニアックな職業の人の話を書いてほしいです(46歳女性)」「博学な小説になりそう(45歳男性)」「物知りそうだから。観点がおもしろそうだから(57歳女性)」など、ユーモアたっぷりの独特の視点を生かした作品が書けそうという声も。

さらに、「博識かつ個性的なので。伏線回収系の小説(41歳女性)」「博識をいかして、なおかつ経験豊富なので、地層や歴史を含む小説を書いてほしい(46歳女性)」「努力家な方だと思うので自伝でもいいので書いてほしい(31歳未回答)」など、さまざまなジャンルでのリクエストの声が寄せられました。
 

第2位:芦田愛菜

第2位は、タレントで俳優の芦田愛菜さん。年間100冊以上の多彩なジャンルの本を読む“読書家”で知られる、芦田さん。選りすぐりのおすすめの本約100冊を紹介した『まなの本棚』(小学館)が刊行されています。

回答者からは、「本が好きな人で感性も豊かな人なので(45歳男性)」「知的で心も豊かな感じがするから。ピュアな青春ものを書いて欲しい。それか、夢いっぱいの児童文学(44歳女性)」「本好きで思慮深いため(50歳男性)」など、読書家でピュアな印象があるため、子ども向けの本を書いてほしいという声が寄せられました。

また、「読書家でたくさんの本を読んでおり、幼い頃から多くの人と接してきた経験や強い意志をもって努力してきた経験があるので、彼女が小説を書いたらどんな作品になるのかとても興味がある(26歳女性)」「子役として幼い時から働き、特殊な体験をたくさんしているだろうし、女優さんとしても感性が鋭く、読書家だから(46歳女性)」など、子役時代から活躍してきた芦田さんならではの経験を生かした作品を読みたいという声も寄せられました。
 

第1位:カズレーザー

第1位は、カズレーザーさん。赤いスーツに金髪がトレードマークで、お笑いコンビ「メイプル超合金」のボケ担当。同志社大学卒という学歴だけでなく、頭の回転の良さや豊富な知識、思慮深いコメントなどが支持を受け、数多くのテレビ番組で活躍しています。

回答者からは、「思考回路を知りたい(45歳女性)」「頭が良く、何を考えているのか見てみたいので(34歳女性)」「頭の中がどうなっているのか気になる(31歳女性)」など、カズレーザーさんの思考回路がどうなっているのか作品を通して見てみたいという声が寄せられました。

また、「頭がよく、一歩ひいた目で物事を見ていて、コメントも端的で的確なので、小説を書いたら面白い本が書けそうな気がします(42歳女性)」「私はバカリズムさんの架空OL日記なども好きなので、色々な知識がある芸人の方のストーリーの中に雑学も含まれている小説を読んでみたいです(37歳女性)」「頭も良いしく知識も豊富なのと、本好きと言う所から何か考えさせられるような話を書いてくれそうな気がします(49歳女性)」など、面白く、でも何か考えさせられる深い内容の小説が書けそうという声もありました。


>5位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
好きな「日本の男性小説家」ランキング! 3位「村上春樹」を抑えたTOP2は?
好きな「日本の女性小説家」ランキング! 3位「吉本ばなな」、2位「宮部みゆき」を抑えた1位は?
村上春樹に夏目漱石…たしかに有名だけど「良さが分からなかった作品」を読書好き268人に聞いてみた
『ノルウェイの森』や『罪と罰』も。読書好き268人に聞いた「途中で読むのをやめてしまった名作」
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望