『ノルウェイの森』や『罪と罰』も。読書好き268人に聞いた「途中で読むのをやめてしまった名作」

『ノルウェイの森』や『罪と罰』、『坊っちゃん』も……。全国の男女268人にこっそり聞いた、「途中で読むのをやめてしまった名作」とは? All About編集部が実施した「小説」に関するアンケート調査結果から、回答者のコメントとともに紹介します! ※画像出典:プレスリリース

画像出典:プレスリリース

All About編集部は、全国の10〜60代の男女268人を対象に、「小説」についての独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2022年10月17日〜11月17日)。今回は、その中から「途中で読むのをやめてしまった名作」を回答者のコメントとともに紹介します。
 

何度読んでも3行しか進めない……村上春樹『ノルウェイの森』

村上春樹さんの5作目の長編小説『ノルウェイの森』(講談社)。上下巻合わせて累計発行部数は1000万部を超える、言わずと知れた大ベストセラー作品ですが、「何度読んでも3行しか進めない。文が私にとっては難しいのか頭に全く入って来ないため(39歳女性)」「たんたんとした描写が続いて時間の無駄だと思い読むのを辞めました(31歳男性)」「途中で何だかよく分からなくなったから。解釈が難しくて進めなかった(44歳女性)」など、何回チャレンジしても“3行の壁”にぶち当たってしまう人も。

また、12作目の長編小説として、世界中から注目を集めた2009年刊行の『1Q84(いちきゅうはちよん)』(新潮社)では、「なにが言いたいのかよくわからなかったです(36歳女性)」「世界観が難しかった(25歳女性)」などの声もありました。
 

“迷宮的”探偵小説『ドグラ・マグラ』で自分の居場所を見失う

探偵小説家、夢野久作(ゆめのきゅうさく)が構想と執筆に10年以上の歳月をかけ、1935年に刊行された大作『ドグラ・マグラ』(松柏館書店)。

回答者からは、「独特の文章が続くので読んでいて頭が痛くなってしまった(34歳女性)」「文庫版を読んでいたのですが、途中で劇中の論文がずらっと記され続けるため、一体、自分が今何を読んでいるのかが分からなくなってきます。そのため、諦めました(26歳男性)」など、読むと“1度は精神に異常をきたす”とさえ言われる迷宮的探偵小説なだけに、自分が一体何を読んでいるのか分からなくなってしまったという声もありました。
 

日本の文豪、夏目漱石も「展開がまどろっこしい」?

日本を代表する文豪、夏目漱石の『吾輩は猫である』。「言葉が難しくて読みづらかった(27歳女性)」「文体が古くて読みにくくて挫折した(45歳女性)」など、明治時代に発表された名作ということもあり、文体がなじめなかったとの声もありました。

さらに、同じく夏目漱石の名作『坊っちゃん』については、「展開がまどろっこしい(50歳男性)」「普通に面白くなかったから(55歳女性)」など、厳しい声も。『こころ』については「何度かチャレンジしましたが、いつも途中で辞めてしまう。人間関係の展開がゆっくりなのが苦手なのかなと思います(37歳女性)」「全体的に暗い(23歳男性)」などの声も寄せられました。
 

内容にも人名にも混乱……ドストエフスキーの『罪と罰』

『カラマーゾフの兄弟』『白痴』などでも知られる、ロシアの思想家であり作家のフョードル・ドストエフスキー。その代表作である『罪と罰』は、これまでに数々の映画化・舞台化を果たした世界的名著です。

「難しかったです…(35歳女性)」「難解な上に内容が暗いので、最後まで読破する精神力が足りなかった(43歳女性)」「登場人物が多く、名前が難しいため疲れました(41歳女性)」など、思想家である作者による深い内容に加え、ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフやセミョーン・ザハールイチ・マルメラードフなど、なじみがなく長いロシアの人名だけでも混乱してしまう……との声もありました。
 

「面白い、それ以上に、長い」の声も……『ハリー・ポッター』シリーズ

1997年から2007年の間に全7巻が刊行され、全世界で5億冊以上を売り上げる世界的ベストセラー、『ハリー・ポッター』シリーズ。「当時は学生で何より現物が上下巻セットで高かった。読み進むと楽しくてしかたないのだけど、量が量だけに読みきれずに図書室へ返却。以降映画化まで読めませんでした(36歳男性)」「映画の方を見てしまったため読んでいくのが面倒になってしまったため(22歳男性)」など、長くて読めずにいるうちに映画で済ませてしまったという声も。

中には、「好きだったキャラクターが死んでしまい、それにも耐えて読んでいたら、また別のキャラクターが死んだところで心が折れました(30歳女性)」など、“推し”の登場人物の喪失に挫折したという声もありました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
好きな「日本の男性小説家」ランキング! 3位「村上春樹」を抑えたTOP2は?
好きな「日本の女性小説家」ランキング! 3位「吉本ばなな」、2位「宮部みゆき」を抑えた1位は?
村上春樹に夏目漱石…たしかに有名だけど「良さが分からなかった作品」を読書好き268人に聞いてみた
「小説を書いてほしい芸能人」ランキング! 3位「タモリ」、2位「芦田愛菜」を抑えた1位は?
日本の「文豪」といえば誰? 2位の「芥川龍之介」を抑えた圧倒的1位は? 【“読書好き”316人に調査】
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在