主演俳優が好きな韓国ドラマランキング! 『梨秦院クラス』のパク・ソジュンを抑えた1位は?

All About編集部は、2022年9月22日~11月8日の期間、全国の男女386人を対象に「Netflixで見られる韓国ドラマに関するアンケート」を実施。今回は、「主演俳優が好きな韓国ドラマ」について紹介します!(画像出典:プレスリリース)

画像出典:プレスリリース

皆さんは、韓国ドラマ好きですか? 動画配信サービス「Netflix」では、キュンキュンするラブストーリーからスリル満点なサスペンスまで幅広い作品を楽しめます。コロナ禍でおうち時間が増えたことで、韓国ドラマにハマったという人も多くいるのではないでしょうか。
 

All About編集部は、全国の男女386人を対象に「Netflixで見られる韓国ドラマに関するアンケート」を実施(調査期間:9月22日~11月8日)。今回は、「主演俳優が好きな韓国ドラマ」について紹介します!


>第15位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:『キム秘書はいったい、なぜ?』イ・ヨンジュン役/パク・ソジュン

第3位に選ばれたのは『キム秘書はいったい、なぜ?』に出演した、パク・ソジュンさんでした。
 

パクさんは、容姿端麗で“超ナルシスト”のイ・ヨンジュンを演じました。秘書のキム・ミソに、「自分の人生を歩みたい」という理由で退職を宣言されるところから物語が始まります。何とか秘書を引き留めたい一心でさまざまな手を使うもうまくいかず、しまいには「自分が結婚してやるから、秘書を続けろ!」と宣言。しかし、ライバルやいくつもの壁が立ちはだかります。2人はどのような結末を迎えるのでしょうか。
 

回答者からは「演技、スタイル、ビジュアルもいいからです(23歳女性/埼玉県)」「パクソジュンの演技がどれもハマり役で、出演している作品はどれも楽しみ(40歳女性/埼玉県)」「クールでかっこいいからです(35歳女性/その他)」「雰囲気もピッタリだしとても魅力的だから(30歳女性/東京都)」など、演技を絶賛する声や役にぴったりという意見が多く集まりました。
 

第2位:『梨秦院クラス』パク・セロイ役/パク・ソジュン

第2位に選ばれたのは『梨秦院クラス』に出演した、パク・ソジュンさんでした。
 

『梨秦院クラス』は、高校を中退した前科持ちの主人公パク・セロイが、韓国の梨泰院で居酒屋をオープンし、業界大手の会長と対立しながら成長していく物語です。仲間と共に、失敗や挫折を繰り返しながら成功を目指す姿が共感を呼び、夢中になる視聴者が続出しました。2022年に日本でリメイク作品となる『六本木クラス』(テレビ朝日系)がドラマ化されたことにより、再び話題になっています。
 

回答者からは「スタイルがいい、冷徹さと笑顔の柔らかさを持っている(26歳女性/東京都)」「パク・ソジュンの演技をみてほしい キュンキュンしてほしい(30歳女性/その他)」「演技力があるため(38歳女性/京都府)」「とても魅力があり引き込まれる演技をしている(43歳男性/愛知県)」など、演技力を評価する声が多く集まりました。
 

第1位:『愛の不時着』リ・ジョンヒョク役/ヒョンビン

僅差で第1位に選ばれたのは『愛の不時着』で主演を務めた、ヒョンビンさんでした!
 

『愛の不時着』は、ヒロインのユン・セリがパラグライダーで竜巻に巻き込まれ、北朝鮮に着陸してしまうところから物語が始まります。ヒョンビンさんが演じた軍人のリ・ジョンヒョクは、セリを助けて家にかくまい、なんとか韓国に返そうとするも失敗。ジョンヒョクには婚約者がいましたが、明るくて前向きなセリに心ひかれていきます。キュンキュンが止まらない至極のラブストーリーです。
 

回答者からは「韓国の男性ならではの誠実さをかなり感じました(24歳女性/福岡県)」「どんな時でも守ってくれる姿がカッコいい(37歳女性/東京都)」「背が高くて顔がとても綺麗で爽やかでかっこいいです。演じている役も強くて優しくて可愛いところもあります(32歳女性/兵庫県)」「アクションも出来るし、カッコいいから(61歳女性/愛知県)」などの声が集まり、幅広い世代の視聴者から支持を得ていることが分かります。


>第15位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
ヒロインが好きな韓国ドラマランキング! 2位『キム秘書はいったい、なぜ?』のパク・ミニョン、1位は?
好きな韓国男性俳優ランキング! 3位「ヒョンビン」、2位「コン・ユ」を抑えた1位は?
イケメンだと思う韓国男性俳優ランキング! 3位「ヒョンビン」、2位「チャ・ウヌ」を抑えた1位は?
演技がうまいと思う韓国女性俳優ランキング! 「ソン・イェジン」「パク・ミニョン」「IU」を抑えた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」